~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【春之進のこと】

我家には、9歳5ヶ月になる、乙音と同じヨーキーの春之進(♂)がいます。  b0087891_16453388.jpg
乙音が家族になってから、それまで腕白だった春之進は、乙音のお転婆ぶりに圧倒されたのか、お兄ちゃんの自覚が芽生えたのか、とても大人(?)になりました。
自宅を新築し、庭を造ってあげようと思っていた矢先の5歳の春、糖尿病になってしまい、発症後まもなく白内障になって、今では殆ど目が見えていない様子です。
それからというもの、行動に更に制限がでてしまって、大好きな散歩も、見えていないだけに恐る恐る歩く感じです。昔は「脱走常習犯」で、こちらが青くなって追いかけているのも知らずに、「へへへっー、楽しっ!!」てな感じで、駆けずり回っていました(笑)。
私と妻は、そんな春之進を追いかけながら、それはそれで、結構楽しかったのを覚えています。

この子は、7ヶ月で去勢後、3歳時で5kg超えまで大きくなりました。(現在は4kg) 
仕事が忙しく、あまり散歩に連れていってあげられなくなったことと、1歳になる前に引越しをした家が、家族になった当時の家より外の景色が見れないことで、かなりストレスを感じていたのだと思います。
糖尿病になったのも、獣医の先生は「遺伝だと思う」と仰いましたが、「運動不足」「過度のストレス」が大きかったのでは・・と思っています。
これは、私達の責任です。。

乙音が亡くなった時、乙音の亡骸に春之進を会わせたところ、「クン、クン」と、何度も乙音の匂いを嗅いでいました。その後、いつもは乙音を避けて離れたところで寝ている(乙音がいつもちょろちょろしてたので、熟睡できなかったのでしょう)のに、この時は、乙音の顔に鼻先を向けて伏せていました。
『分かるんだね。。』 と、春之進のその姿を見てまた涙。。
その晩は、1ヶ月振りに寝室で、私と妻と春之進と乙音の4人で「川の字」(一本多いですが)になって寝ました。

b0087891_17361584.jpg
乙音が亡くなってからの春之進ですが、やはり淋しいのでしょう。
8年振りの独りのお留守番は、今も慣れないようです。

夜帰宅し、玄関のドアを開けると、春之進は必ず目の前で待っています。

私達の車の音を聞き分けて、目が見えないのに、暗い中、階段(2階がリビングなので)を降りて来ているのですね・・。

5日ほど前、天気が良かったので、春之進の青いリードに乙音の赤いリードを絡ませて、春之進を散歩に連れて行きました。乙音も一緒に散歩させている「気分」を味わいたかった・・ので。
いつも散歩する時は、乙音はとっても大はしゃぎで、目が見えない春之進のことはお構いなく、どんどん先に走って行こうとしました。なので、乙音はいつも5mまで自由に伸びるリードを付けていました。

私の眼には、いつも先を行く、乙音の姿が見えません。。。。

ごめんね、春之進。
まだお散歩は哀し過ぎるよ・・。
[PR]
by harutsuku | 2006-05-07 17:57 | 春之進
<< 腸リンパ管拡張?? 自然治癒力 >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析