~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【お疲れ様でした・・】

お騒がせしている仕事の状況ですが、お陰様でやっと一段落つきました。一日客先に行っていて、21時過ぎに帰宅しました。
直ぐにでも床につきたいところですが、今日は昨日より沢山の方がお越し下さっているので、もう少し頑張ります。記事を書き終えたら、即、寝てしまうと思います。。コメントを頂いた方へのお返事、昨日このブログをご紹介頂いた、ろしお君さんのブログのご紹介は、申し訳ありませんが、明日しますので・・ご了承下さい。
まともな記事でもないのに、ランキングバナーをクリックして頂いた方、ありがとうございます。「頑張れ」という激励を頂いていると感じます。・・頑張ります。。


・・とは言え、正直頭が回りません。。
タイプミスも多く、心なしか手に力が入らない気がします。。
闘病記、その他は明日から再開しますので、今日も脈略無く書かせて頂きます・・
何の参考にもならない内容だと思いますが、お疲れ日記?ということで・・(苦笑)


私は、男3人兄弟の2番目、妻は女2人姉妹の長女です。
そんな環境だったせいか、私は幼い頃から妹が欲しく、友人が妹を連れて遊んでいるのがとても羨ましかったことを覚えています。さすがにこの歳になれば、そんな願望はありませんが、♂の春之進よりも、♀の乙音びいきだったかもしれません(苦笑)

春之進を家族に迎え入れた時、犬を飼おうと思っていたわけではなく、「飼いたいなぁ・・」くらいの気持ちで、たまたま見かけたブリーダーさんに寄ってみました。そのブリーダーさんは、ヨーキーがメインで、他にはパピオンがいました。
春之進は男2人兄弟で、私達が行った時には既に片方の子は他のお宅の家族になっており、ブリーダーさんは、残った春之進(当時の名は「オセロ」(爆)、乙音は「ベティー」というお洒落な名前でhした)を、繁殖犬としてご自分で飼うつもりでいたそうです。
なので、春之進はケージに入れられずに自由に遊んでいて、私達がケージに入っている子を見ていると、そばにあった「トイレットペーパー」を咥えて、得意気に私達に見せつけながらウロウロしていました(笑)
まず、私達はそこで、ボクシングでいうところの「ジャブ」を打たれてしまいます(笑)
春之進に「可愛いねー。どこへ持っていくの?」と声を掛け、また他の子を見ていると、私の足許に何か違和感が・・
見ると、春之進が私の靴紐をカジカジしていました(笑)
も、ストレートパンチでダウンです(苦笑)
今でもおもちゃを咥えてウロウロする仕草は、幼い頃の春之進と何ら変わりません(笑)

乙音は女の子の一人っ子でした。
次は女の子と決めて見に行ったので、ヒットの確率は高かったのですが、他の子を押し退けて「見てみてー!」攻撃を受けて撃沈したのは、以前の記事に書いた通りです(笑)
乙音のくらいの大きさの親犬でも2~3頭懐妊するようなので、1頭しか懐妊しなかった乙音は、元々、少子傾向の遺伝?があったのかもしれません。


ずっと借家暮らしだったのですが、春之進たちのためにもと、4年半前に家を建てました。地方なので、そこそこの土地で建物を新築しても、家賃と大して変わらぬ支出で建てれました。
妻も私も「めんどくさがり」なので、本当は立地のよいところのマンションがいいかなと思いましたが、春之進と乙音には環境が悪いので、子供もいないのに建ててしまったわけです。。
最初から、「春之進と乙音が住み良いよう」に、家の中は少し普通の家と違っています。
当時は私は仕事が激務だったので、間取りも家財も殆ど妻が考え、探し、価格交渉しました。
「喋るのが仕事」だけあって、相手に気持ちよく値引きをして頂く術には、とても感心しました(笑)

家のドアの一部、リビング隣のトイレ兼洗面所のドアと寝室のドアは↓(笑)
b0087891_08649.jpg


潜るのを見たくて、何度も挑戦させてみましたが、透明のペラペラが恐いのか・・結局使ってくれませんでした。。(泣)  
その他は、歩き易いように床はクッションフロアです。妻はコルクが良かったようですが、予算的に諦めてもらいました。私は家中、フローリングが良かったのですが、「春之進と乙音のためでしょ?」という妻の言葉に、泣く泣く承諾したんだから当然です(笑)
他は、リビング隣のトイレを広くして、人間用のトイレと犬用のトイレを隣合わせにしています。特に乙音は、前の家で、私達がトイレや浴室に入ると一緒に入りたがったので、一緒に入れるようなトイレにしています。
昨日のちっちさんのブログで、パピオンのモモちゃんが、飼い主のちっちさんが入浴中に外で待っている記事がありましたが、乙音もまさにそんな感じで、風呂のドア(半透明)越しに乙音がヤキモキしている姿が見えました(笑)。そのうち諦めたのか、春之進と乙音は一緒に、ドアの外のバスマットで伏せして待機していました。浴室を出ると、「あたちも入りたかった」ような顔をしていたので、「入るか?」と言いながら抱きかかえ、浴槽に入れようとすると「助けて~」と抵抗してましたけど(笑)

そうそう。
今日は、寝不足と疲れでヘロヘロで帰ってきた私に、春之進と妻の出迎えの他、もう一つ玄関で出迎えてくれたものがありました! 
それは、来週出版される、私の著書の初版見本の束です(笑)
と言っても、恩師の先生との共著です。しかも専門書なので、書店売りもありますが、主に大学・高専の授業のテキストに限定されるようなもので・・・印税生活は見込めません(苦笑)
幼い頃から文章を書くのは好きで、小学1年生の時に書いた小説?が凄く褒められてから、時折小説まがいのものを書いていました。先日探してみましたが見つからず、実家においてあるか、紛れて捨ててしまったか・・。
親の薦めで受けた工業系の学校に、運良く受かってしまったので今は理系の仕事ですが、自分は元々、文系だと思っています。どんな形にせよ、自分の書いたもの、設計したものが世の中に形となって出て行くことは、とても嬉しいことです(笑)


・・何を書きたいのか、何を書いているのか、だんだん分からなくなってきましたので、今日はこのへんで。
明日からまた通常生活に戻る(予定?)ですので、ブログの更新も通常通りにしていきます。
また明日、お越しをお待ちしております。

※初めてご訪問頂いた方は、カテゴリの「ブログの概要」へお進み下さい。



人気blogランキング
 ←たくさんの方にご覧頂くため、クリックのご協力をお願いします。
[PR]
by harutsuku | 2006-07-11 23:19 | e.t.c.
<< 【動物の理解力】 【今晩も・・】 >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析