~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【2006/4/21 闘病57日目】

ここ数年、使っていないキャリー(クレート)があります。
春之進が家族になった時に買った物なので、かなり古い物ですが・・
春之進と乙音を車に乗せて外に連れて行く時、「ハウス」と言えば、二人勇んでキャリーの中に入って行きました。ケージを使っていなかったので、キャリーが彼らのハウスでした。
キャリーへの入り方にも順番があり、まず春之進が頭から突入し、キャリーの中でくるっと回って入り口に向けてお座りをします。そして、春之進の胸元に乙音が突撃し(笑)、これまたくるっと回ってお座りをしました。
春之進と乙音は体格が倍以上違うので、春之進の胸元に乙音がスッポリはまって、ちょうどいい感じに収まりました。
春之進が、乙音の入るスペースを空けて座っているのも感心なのですが、その懐にちょこんと座っていた乙音が、とても愛しく思えました・・
お出掛けできることにワクワクし、目がキラキラしていた乙音の顔が思い出されます・・

これまた画像がないので、想像して頂くしかないのですが・・

b0087891_1051157.jpg




2006/4/21 闘病57日目

・・腹水が引かず、目立つようになっていました。
・・気持ちが悪そうな感じがありました。

被毛が抜け落ち、まるで抗がん剤でも投与しているかの症状がありました・・




~続き~

前日、午前0時近くになって、寝ているものの鼓動が激しい状態でした。
Caの注射は1日3回。
午前0時にも注射することになっていました。


     0:00  Ca 2.5ml注射
     0:30  ※心拍安定する
     2:00  排尿
     4:10  排尿+飲水
     5:45     〃
     8:20  Ca 2.5ml注射、ステロイド0.25ml注射、皮下点滴50ml
           胃薬、ニュートリカル×1
     8:30  排尿
           ※お腹が重そう・・ 座り込むと自力で立ち上がれない。。
            体調は悪くなさそうな顔
    11:25  排便、普通15cm!、飲水
    11:40  パン10口分、飲水(スポイト)
    12:25  ニュートリカル×2、飲水(スポイト)
    15:00  排尿、尿検査:尿糖やや高め
    15:15  ニュートリカル×1、飲水(スポイト)
    15:30  通院  エコー、腹水溜まり大。。
    16:10  Ca 2.5ml注射
    16:40  ドライフード5g、にぼし1匹、パン3口
    16:50  排尿、飲水(スポイト)
    18:45  ニュートリカル×2
    20:30  皮下点滴50ml、胃薬、飲水(スポイト)
    20:40  排尿
    22:50  排尿


腹水はかなり溜まっていました。。
「座ると自力で立ち上がれない」というのは、足腰に力が入らない状態であったことを考慮しても、かなりお腹が重かったのだと思います。
この日の体重は2.0kg・・
つい数日前までは、1.65kg程度だったので、かなりの腹水だったことは想像して頂けると思います・・

トイレに歩く回数も減っていました。
かといって、寝ているのも苦しいらしく、以前のようにじっとして寝ていることはありません。。

食欲もありません。。
パンは食べました。パン好きな私の影響?で、乙音もパンは好きでした。
「少量ならばパンでもいい」という先生のお話だったので、食べたそうにしていた時はパンをあげました。何でも食べてくれれば、私達は少し安心できました。

この日、数日なかった排便がありました。
しかも、硬さ色共に「普通の」便でした。それも15cmという大量の排便・・
この4日後、乙音は虹の橋を渡ることになるのですが、まだ普通の便をしました。
病状がかなり悪いことは感じていましたので、腸の疾患であれば、頻繁な下痢であっていいはず・・
また、肝臓の疾患であれば、黄疸が出てもいいはずでした・・
結局、最期まで黄疸は見られませんでした。
肝臓には異常がなかったので、当然のことですが。。

残り考えられる疾患は、「腎臓」でした。
腎臓疾患であれば、乙音の病状からして、尿糖値が高くなるはずのようです。
ですが、陰性ではないものの、それほど高いという感じではありません。
また、腎臓疾患であれば、ステロイドが効いているのも「納得できる」という先生のお話。
大学病院で診て頂く先生は、腎・泌尿器科の先生です。
それも国内では「スペシャリスト」(※獣医師の話)

「大学病院へ行けば、絶対に判る!」

本当に今すぐにでも診て頂きたい気持ちで一杯でした・・


乙音の病気は、「低タンパク血症」と診断された時から、次のどれかと考えられていました。

    ①肝臓疾患⇒タンパクの生成がされない
    ②腎臓疾患⇒尿にタンパクが漏出する
    ③小腸疾患⇒吸収不良

ずっと肝臓疾患を疑われていました。
腎臓疾患と小腸疾患の可能性は低く見られていました。

小腸疾患ではないと思われた理由は、「頻繁な下痢をしない」ことでした。
腎臓疾患ではないと思われた理由は、「排尿に異常がない」ことでした。

発症時、私が恐れていたのは、心臓・腎臓・肝臓の疾患でした。
心臓疾患はすぐに除外されたのですが、ずっと肝臓疾患の疑いを持たれていました。
「生検での確定」、それしか方法がないと断言されたのですが、MRIでもかなり高い精度で確定できたのでは・・と思います。
生検は細胞を切り取って病理検査するので、乙音にはかなりの負担になります。また、地方の動物病院で生検しても、そのまま病理検査ができる開業医は少ないでしょうから、しかるべき検査機関、大学病院などへ病理検査を依頼することになります。
結果が判るまで、2週間前後の時間が必要と言われていました。

「早く大学病院へ行けばよかった。。」
闘病記が最期の日に近づけば近づくほど、その後悔は大きくなるばかりです・・

b0087891_1291491.jpg



※初めてご訪問頂いた方は、カテゴリの「ブログの概要」へお進み下さい。

人気blogランキング
 ←宜しければクリックお願いします
[PR]
by harutsuku | 2006-08-07 12:11 | 闘病記
<< 【2006/4/22 闘病58... 【緊急! 迷い子、情報提供のお... >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析