~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【最期の夜】

乙音を連れて、やっと我が家に戻ったのは、午後11時過ぎでした。

    「おうちに着いたよ」

私達は乙音に語りかけました。
いつも一緒に外出した時にそう言うと、少しガッカリしていた乙音でしたが、
きっとこの日は喜んでいたのではないかと思います・・


家の中は真っ暗でしたが、玄関のドアを開けると、春之進が待っていてくれました。
「クゥ~ン・・クゥ~ン・・」と淋しげになきながら・・

b0087891_132716.jpg

b0087891_183460.jpg


春之進に留守番のお礼を言って、たくさん褒めて、
「つくちゃん、帰ってきたからね」と言うと、尻尾を振って喜んでいました・・
妻が乙音を抱き、私が春之進を抱きかかえ、一緒に二階に上がりました。

b0087891_143671.jpg

b0087891_15734.jpg


乙音にとって、2日振りの我が家です・・
ずっと、家族で一緒にいた空間に、乙音が帰ってきました。
・・・けれど、乙音の喜ぶ姿を見ることはできません。。

春之進に随分遅い夕食をあげてから、乙音との対面をさせました。
闘病中、ずっと寝ていた同じ場所に乙音を寝かせました。

春之進の反応は・・
糖尿病による白内障で、殆ど目が見えない春之進は、いつも匂いと気配で乙音を確認していました。
この時も匂いを嗅ぎ、乙音に顔を近づけ、最初は喜んで尻尾を振っていました。
そのうち・・
反応の無い乙音に、いつもと違うことを悟ったようです・・
乙音の顔に鼻を近づけたまま、伏せをしてジッとしています・・
乙音が生きている時には見られなかった行動でした・・

    「分かるんだね。。」

私達は、そんな春之進の姿を見て、また涙腺が緩くなったようでした。。



私達は代わる代わる、乙音の頭を撫でて、改めて乙音に言いました。

   「よく頑張ったね・・いい子だったね。。」・・と。

きっとこの時、乙音の魂は私達の傍にいて、「がんばったよ~」と、懸命に尻尾を振っていたことでしょう・・
けれど、そんな愛しい姿は・・私達には見えません。。

b0087891_1113360.jpg



しばしそんな時間を過ごし、乙音が最初の痙攣を起こす前日の3/23以来、
1ヶ月振りに寝室で家族揃って床に就きました。
以前の我が家では、寝室で寝る時には、妻と乙音はどっちが早くベッドに入るか競争するのが日課でした。
乙音は妻に負けじと、小さいくせに凄い脚力とジャンプ力を披露し、妻に勝ってご褒美のキスを受けていました。
    
    「我が家の女性軍は元気がいいなぁ・・。なっ、春之進・・」と、

妻と乙音の姿を見ながら、私は抱いた春之進に語っていました。
・・もう、そんな微笑ましい姿を見ることはできなくなりました。。
妻は、寝かせていたクッションごと乙音を抱いて、ゆっくり寝室に入って行きました。。
その後を、私は春之進を抱いて追いました。。


乙音はいつも寝る時、最初は妻のところにいても、必ず私のところで寝ていました。
腕枕だったり、私の枕を半分占領したり、毛布の中に潜って膝の裏で寝たり・・
今の乙音は、亡くなったままの、左半身を下にした状態でした。
そのまま寝かせると、顔は妻の方にだけ向いてしまいます・・
「いいでしょう~」と言いながら、妻は乙音の顔の方を向いて寝ました。。
間に春之進まで加えて・・
私には乙音の後姿しか見えません。。
(乙音の顔を見ながら寝たいなぁ・・もう今夜だけだし。。)・・と思いましたが、
ずっと私は乙音と寝ていたので、最期の夜だけは妻に譲ってあげました。。

4月の下旬とは言え、夜はまだ少し肌寒い季節です。
生前の乙音はとても温かく、私はいつも懐の乙音で暖を取っていました。
最期の夜は、右手の掌を乙音の体に触れながら寝ました。
右手の掌だけが冷たく感じるのは何故でしょう・・・

1ヶ月前、私の懐で気持ち良さそうに寝ていた姿が思い出されました・・

b0087891_113371.jpg




もう・・

乙音との、そんなささやかな幸せを感じながら眠る日は来ない・・



妻に気付かれないようにそっと涙を拭った、乙音との最期の夜でした・・



----------------------------------------------------------------

乙音が息を引き取ってから12時間になるというのに、
乙音の体は柔らかいままでした・・
死後硬直は、ほとんど見られませんでした・・
辛うじて後脚が硬くなってきたかな・・という感じでしたが、まるで麻酔に掛かったまま寝ているかのように、体は生きている時と同じように柔らかかった・・
クッションごと抱えないと、折れてしまいそうな感じだったのです。。

体が冷たいのと、見開いたままの目が乾いて曇っていた他は、
生きている時と同じでした・・
硬直するほど、筋肉が残っていなかったのだと思います・・

     骨と皮になるまで・・
     乙音は懸命に生きようと・・
     絶対に生き続けようと・・ 
     頑張ったのだと思います・・


※初めてご訪問頂いた方は、カテゴリの「ブログの概要」へお進み下さい。

人気blogランキング     
[PR]
by harutsuku | 2006-10-06 01:17 | 闘病記
<< 【愛しき乙音】 【広島ドッグパークTV報道】 >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析