~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【診療費について】
【11/12 更新】


ご存知の通り、動物診療費は、病院によって自由に決めることができます。
統一料金を定めることは、「独占禁止法に触れる」ためとのこと・・
私には、今もってこの意義が理解できないです。。

もし、私が書いているように、飼い主が「心配し過ぎ」て、病院へ通う回数が増えたり、獣医がしなくていいと思っている検査をしたり、仕事を休んで交通費まで掛けて遠くの大学病院まで行くような行動をすれば、診療費はかなり掛かります。

我が子の病気の「早期発見・早期の確定診断・適切な治療」をするためには、どうしてもお金は掛かってしまいます。。

乙音の場合、発症から亡くなるまでに掛かった診療費は、61日間でおよそ15万でした。
地元の病院へ通ったガソリン代、大学病院へのニ往復の高速代とガソリン代、その他雑費を含めれば、たった2ヶ月で20万以上掛かりました。(手術・入院なし)
掛かり付けの病院は、まだ安い方だと思います。
担当医が院長から女性の先生に代わってから、かなり安くして頂いていましたが、それでもこれだけ掛かりました。。(おそらく正規料金だと、+5万以上だったと思われる)

大学病院分は、2日間で約5万でした。
(胸水・腹水を抜去+成分分析、レントゲン、血液検査、輸血、エコー)
CTやMRIなどでの検査をすれば、1回で6~7万前後は掛かるようです。
手術をすれば、数万~数10万でしょう。

入院治療や手術することになれば、診療費はかなりの高額になると思います。
私の知り合いの知り合いは、200万も掛かったそうです。(どんなことをしたのか分かりませんが・・)
手術して長期入院すれば、1ヶ月に数10万やそれ以上掛かる場合もあると思います。


「お金が掛かるから、充分な治療をしてあげられない・・」
・・という事態は避けたいものです。

最近は、ペット保険もたくさんあるようですが、使えない病院もあったりで・・
我が家は、春之進が糖尿病になった時に、乙音を保険加入しようかと思いましたが、通えるような地元の病院には適用されないため、断念しました。
今は、使える病院は増えているようです。
保険もいいですが、多くは掛け捨てのようですので、悩みどころですね。
「病院貯金」みたいに、少しずつ貯めておくのがいいのかな・・と思います。
我が家はそういう備えはありませんでした。。

備えあれば憂いなし ・・全くその通りだと思います。。


     ペット保険比較サイト
     REON&うららママさんの「500円玉医療費貯金」


人気blogランキング
[PR]
by harutsuku | 2006-11-12 17:27 | e.t.c.
<< 【飼い主と愛犬のIQ診断】 【病気のサインの数で注意すること】 >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析