~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【痙攣について -3-】

痙攣を起こしたとき、原因追求のための検査には、およそ下記のものがあるようです。

   ①血液検査
   ②尿検査
   ③感染症の抗体検査
   ④エコー
   ⑤画像検査(レントゲン・CT・MRI)

普通、まず最初にすることは、血液検査になります。
痙攣の原因は様々なので、早くに原因を突き止められるかどうかが重要になります。
以前書いたように、血液検査の項目によっては、「問題ない」ことがありますので注意が必要です。

病気療養中の場合は、その病気が引き金となっていることが多いようなので、およそ原因の見当が付き易いと思いますが、急に痙攣を起こした場合は、「原因予測」の見誤りは、手遅れになってしまう可能性が高くなってしまいます。。

急な痙攣で多いのは、「中毒」「低血糖」「低カルシウム血症」のようです。
血液検査で調べる項目としては、

   ・血糖値
   ・血中カルシウム(Ca)
   ・白血球(WBC)
   ・赤血球(RBC) ・・その他です。

中毒の場合は、肝機能に障害を起こすことがあり、

   ・GPT、ALT
   ・GOT、AST ・・・何れかを調べます。

何れにしても・・
原因について、獣医師からしっかり説明を受けることが必要です。
血液検査で「何を調べ、値がどうだったか」を控えておくことができれば、自分で調べたり、セカンドオピニオンの際に役立ちます。
   
いきなり我が子が痙攣を起こした時には、おそらく殆どの方は冷静でいられないと思います。
ですが、なるべく冷静になり、「早期に原因を突き止めるよう、獣医に強く要望する」ことを忘れないようにして頂ければと思います。
「痙攣の原因が判るまで安心してはいけない」と、私は思います。

また、原因が判らないけれど、「抗痙攣薬を処方された」場合、
それは「対症療法である」ことを忘れないようにして頂きたいと思います。
仮に薬で痙攣を繰り返さなくなったとしても、原因疾患は「進行していく」場合もありますので・・


    人気blogランキング
[PR]
by harutsuku | 2006-11-27 10:13 | 病気について
<< 【お知らせ】 【7回目の月命日と乙音の癖】 >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析