~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【神経の病気について ~てんかん(3)~】
※この記事は、「二歩先をゆく獣医さん(坂本徹也著)」他、を参考にしています。

前回、病理解剖のことで感傷的な終わり方をしてました。。すいません・・です
てんかん(真性の場合)の治療について。

てんかんの事に関しては、静岡県島田市の渡辺動物病院 HP に分かり易く書いてありました。ここの院長先生は、スペシャリスト獣医に名を挙げられている方です。

真性てんかんの場合の治療は、動物の場合、内科的治療になるそうです。
(症候性てんかんの場合は、てんかん症状を引き起こす原因によっては手術が必要になるので、その点が違いますね。)
薬での治療になり、様子を見ながら投与量や投与間隔を決めていくようです。
人間の場合、開頭手術で脳の異常部位を特定し外科手術を施す治療も可能のようですが、動物の場合はそこまではできないようです。
どのくらい先の話か分かりませんが、動物診療が向上すれば、人間と同じような外科手術ができる日が来るかもしれませんね。

完治するかどうかですが・・
薬が不要になる場合もあるようですが、多くは治らず、薬によって発作の回数を減らすことになるそうです。。
他に、まだ普及していない(※2002年当時の話)方法で、「ペースメーカーのような装置で、外から脳に刺激を与えることによって発作を防ぐ」というものもあるようです。装置は高価のようですが。。


抗けいれん剤としては、下記のものなどがあるようです。
    ・フェノバルビタール
    ・臭化カリ
    ・ゾニサミド(エクセグラン)  
※他にこちらもあります(但し、人間用ですので参考まで)              

「フェノバルビタール」は、催眠・鎮静作用があるため、「元気喪失や寝てばかり」「肝臓への影響」などの副作用があるようです。
「ゾニサミド」については、治療の困難なてんかんにも効く場合があり、副作用もほとんどない反面、やや高価とのこと。

薬のみの治療であり、また、長期的な服用をしなければならないため、薬については注意すべき点があるそうです。

1)その子に合った副作用の少ない薬を探さなければならないため、初期の段階では薬を変えて様子を見ることや、(一過性の)副作用があっても継続して同じ薬を投与する場合があることを飼い主は理解すること。
2)発作が発作を引き起こすので、早期の治療が必要であること。
3)飼い主が勝手に薬の投与を止めてしまうと、発作の反動が大きくなって危険なので自己判断は禁物

抗てんかん薬は、ステロイドと同じく「悪さをしている体の機能を弱める」作用があるので、急に薬を止めると本当に危険のようです。薬によって抑制されていたものが一気に活性化し、最悪のケースもあるようなので・・・


真性てんかんは体質によるもののようですが、だからといって必ず発作を起こすとは言えないようで、発作を引き起こす「引き金=環境要因」があるそうです。
その環境要因が無ければ発作を起こさないかもしれません。
ただ、一度でも発作を起こしてしまうと「繰り返す」のがてんかん・・

とは言え、何が引き金なのかを見つけ、スイッチが入るのを避けることで発作を抑えることは可能かもしれないとのことです。
「どんな場合に発作を起こすか」を早く突き止めるのは、飼い主にしかできないと思います。
例えば、「食べ物」「刺激」「匂い」「天候」「生理状態」・・などなど。
特に食物アレルギーにより、発作が起こるケースも多いとか。
我が子が苦しんでいると中々冷静になれないですが、その時の状況を記録し、次の発作が起きてしまった場合との比較をしていくことで、「何が引き金になっているか?」が分かるかもしれません。

真性てんかんの治療は、「完治は困難なので、できるだけ、我が子の苦しみを少なく軽くしてあげる」ということを飼い主が理解し、けして焦らないことが大切のようです。

そして、他の病気と同じように、「何ごとも観察
これは、病気の前では無力な私達飼い主にできる、大切なことなのだと思います。

人気blogランキング
※クリックありがとうございました。
[PR]
by harutsuku | 2007-01-05 03:03 | 病気について
<< 【犬を避けたための不幸な事故】 【年頭にあたり】 >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析