~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【発症14日目】

乙音が嘔吐した日から2週間経ったこの日、特に大きな変化はありませんでした。
と言っても良い状態だったわけではなく、相変わらず多飲多尿で、便秘で、食欲もあまり無く、元気もさほど無い・・という状態でした。

低タンパク血症と判明したことで、また処方食に戻したのですが、あまり食べません。。
匂い付けとして、ほんの少しスキムミルクを処方食にふりかけて与えてみると、匂いに釣られたのか食べてくれました。
後に、「牛の乳から作った物は、脂肪球が犬には大き過ぎて消化に悪い」・・ということを知るのですが。。
初診で頂いた薬(コロネル)は与えるのを止めました。
10日ほど飲ませていましたが、一向に改善されないからです。
止めたのは私の判断でした。


で、今ならば・・

低タンパク血症になったと分かったならば、この日も通院してでも原因追求をしたと思います。
この時は、様子を見ました。
もう、一日も無駄にできなかったのに・・と、悔やまれます。。

低タンパク血症である以上、タンパクの補給は必須です。
さもないと、胸水は更に溜まり、腹水も見られたことでしょう。
高タンパク・低脂肪の処方食を食べさせないことにはどうにもならないと、食べさせることに必死でした。
以前から、乙音はミルク系のものは好きだったので、脱脂粉乳であるスキムミルクなら、まだ牛乳よりはいいだろう(低脂肪ということで)と、与えました。
今なら、迷わず「ヤギミルク」です。。

コロネルを飲ませるかどうかを獣医師に聞いていなかったのですが、独自の判断で飲ませなかったことは、結果的には良かったようです。
ですが、やはり「飼い主の勝手な判断」・・はマズイと思います。
一応、獣医師に相談はすべきだと思います。
ただ、飼い主が深く調べ、明らかに「獣医師の治療・投薬」に疑問がある場合は、他の獣医師に早急に聞く(転院など)ことが良いと思いますが。


この日まで、乙音の体重は2.2kgでした。
(発症2日目から、体重は測っていました。)
体重が減らないということも、私が安易に考えていた理由の一つだったのかもしれません。
そして1年前の明日3/10から、ついに体重の減少が見られるようになってしまうのでした。。

人気blogランキング
[PR]
by harutsuku | 2007-03-09 23:35 | 発症初期のこと
<< 【発症15日目】 昨年の3/1... 【発症13日目】 低タンパク血症 >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析