~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【血液の病気】~免疫介在性溶血性貧血~

※この記事は、「二歩先をゆく獣医さん(坂本徹也著)」他、を参考にしています。


何かの症状で通院した時、一番多い検査は血液検査だと思います。
これは人間でも動物でも同じですが、血液を調べれば、「(症状として)目に見えない」病気や状態が分かるからでしょう。
けれど、こと動物診療においては、まだまだ血液の分野は遅れているようです。
遅れている・・というのは、「検査結果を読めない」(※結果から確定診断への導きができない・やらない)ということですが。

猫に多い血液病は、白血病やエイズ、そして犬に多いのは、免疫介在性溶血性貧血のようです。


免疫介在性溶血性貧血の症状としては・・

   ・元気喪失
   ・息切れ
   ・食欲減退
   ・口や舌の色が白くなる
   ・手足の冷え
   ・心雑音  ・・・など。

「免疫介在性溶血性貧血」・・というのは、字の通り、「自己の免疫機能が自分の赤血球を破壊する」というもののようです。この破壊の状態ですが、自分の赤血球を「外から進入した異物」と免疫システムが誤認してしまい、脾臓や肝臓で捕獲=破壊・・ということのようです。
赤血球が破壊されるスピードが、作り出されるスピードより勝る場合に貧血症状を起こします。
その程度は個々によるようですが、概ね、発症する以前から病気は始まっているものと考えられるのではないでしょうか。
破壊と生成の閾値を越えて初めて、「目に見える」ということですね・・

この病気は、発情期のメス犬に多い・高齢になると発症し易い・・という説もあるようですが、一概にそうとも言い切れないようです。

先天性と突発性があり、突発性の原因としては、「ウィルス感染」そして「ワクチン」が疑われるそうですが、真の原因はまだ掴めていない病気のようです。
異物の進入に免疫機能が対抗した結果、何らかの条件で赤血球を破壊してしまう病気なので、ワクチン接種後に発症することは確認されているようです。
※だからと言って、必要なワクチン接種をしなければ、免疫が出来ていないために重篤な病気に掛かってしまうことも考えられ、ワクチンが全て悪いとも言い切れないとは思いますが・・。

治療は、免疫抑制療法になるようです。
免疫機能が過剰に働いているための症状なので、当然でしょうか・・
使う薬はステロイド(副腎皮質ホルモン)。
それでも効かなければ、抗ガン剤になるようです。
ステロイドの投与の仕方によっては、本来必要な免疫機能の著しい低下により、感染症に掛かり易くなるので、場合によって同時に抗生剤投与の必要があるようです。
免疫機能異常であるが故に、治療は投薬のみとなり、薬によるコントロールを続けることになるようです。。

-----------------------------------------------------------------------
ワクチン接種について、私の個人的な意見ですが・・
ワクチンに対し、免疫機能が異常に働く原因は、まだ解明されていないようですので、不必要なワクチン接種を避けることは、飼い主が、我が子を免疫介在性溶血性貧血にさせないための防御策なのでは?・・と思います。(獣医師はそんなこと言わないと思いますが)
例えば、免疫存続期間が長いと言われるワクチンや狂犬病ワクチンなど・・でしょうか。
混合ワクチンの接種をどの位の間隔で受けるべきか?について、詳しく書いている方がいます
       ⇒結局ワクチンって何年に1度接種すればいいの?

それと、これも素人考えかもしれませんが、「今まで同じワクチンで大丈夫だったから」というのは、あくまで「今までは」と考えた方が良い気がします。
免疫機能は加齢によって低下します。
また、「異物認識」も、体調とか、よく分かりませんが条件によって変わるものではないかと・・
良い例が、「花粉症」です。
突然発症したり、突然治まったり・・ということがありますよね?
私も高校生の頃に急に花粉症になり、環境を変えても続き、諦めた頃に突然治り?ました。
そのようなことが、免疫システムにはあるのではないかと・・
何事も、「根拠の無い過信は禁物」ってことでしょう・・か。

人気blogランキング
[PR]
by harutsuku | 2007-03-27 21:47 | 病気について
<< 【輸血について】 【11回目の月命日と痙攣が続い... >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析