~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【臨床検査の本】

初めてお越し頂いた方、検索してお越し頂いた方は、「ブログの概要」へお進み下さい。


動物看護士向けの「小動物臨床検査(上)」を少し読んでみました。
やはり専門書だけあって、巷の通り一遍の病気本とは違いますね。
動物看護士は、獣医師のサポートをするわけで、病気の診断や法律上禁止されていること以外の知識がないといけない職業なので、広く浅い知識の習得を目指す内容でした。
著者は、ここ の院長先生です。

b0087891_1842582.jpg
b0087891_1844049.jpg



平成14年初版で、比較的新しい内容だと思います。
参考文献の数々は、おそらく相当高い専門書のようです。

で、これを読んで、どう分かり易くまとめるか・・ってことを考えると、大変さが増してきました(笑)
「飼い主の知識」としての血液検査について、どの程度知っていることが理想なのか、少し考えないとまとめられないなぁ・・という感じです。

最低限知っておいた方が良いと思う内容をひとまとめにして、もっと深く知りたい方向けに、細分化した方がいいかなと思います。
一飼い主として、どこまで深く知ることに意味があるかは、様々だと思うので。

「どんな検査をされて、結果がどうで、疑わしい病気は何か?」・・という現状把握ができて、
「この症状の場合に検査すべき項目を検査しているか?」・・というチェックができることが最低限の飼い主の知識かなと思います。


この「小動物臨床検査」の下巻も購入することにします。
下巻は、
     ・尿検査
     ・細胞診
     ・腸と膵臓の検査
     ・内分泌機能の検査と異常
     ・胸水における考え方、検査方法
     ・腹水   〃
     ・心電図の検査
     ・X線検査     他


乙音の時は検査で悔しい思いをしたので、個人的に検査のことを知りたいと思っています。
[PR]
by harutsuku | 2007-05-24 18:16 | e.t.c.
<< 【中国産の食品その他の危険性】 【眠れない朝】 >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析