~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【春之進の予後】

肛門嚢炎になってしまった春之進の予後ですが・・・あまり良くありません。。
肛門嚢炎自体は良くなっているような気はします。
糖尿病なので、治るのに時間は掛かるとは言われているのですが・・

4日前に肛門線が化膿して破裂してしまったのですが、病院で膿を少し絞り出し、抗生剤と人間用の痔の薬(出血と腫れの改善のため)を投与していたところ、今朝までは小さくなっていました。

今晩8時頃見たところ、肛門の周囲(全周)が摘めるくらいの大きさで硬くなっていて、肛門の真下がプヨプヨした感じに腫れています。。
化膿した右側の腫れは小さくなっています。
それとは違う部分の異常ですね・・

腫れている部分を触っても痛がらないのですが、肛門線が腫れているのとは様子が違う気がします。。
肛門線は、肛門の左右にあるので、肛門の全周が硬くなっているのは・・・
前立腺の場所とも違うような・・
・・ちょっと分からないです。。

食欲もあり、痛がらず、排便もあり、血尿・血便も無し・・
少し気になるのは、水を飲む量がやや少ないのと、排尿回数も少し少ないこと。
不快感があるのか、転げまわってガウガウ言うときもあります。

糖尿病があるので、普通と違う経過を辿る可能性もあり、心配です・・
明日、朝一で病院です・・


【6/2 11時追記】

病院へ行って来ました。
化膿していなかった、「左側の肛門線の化膿」ということでした。
まだ良かったです。

前回、右側の肛門線が破裂するまでの様子を見ていなかったので分からなかったのですが、肛門周りが腫れて硬くなるのは、化膿の過程とのことでした。
ただ、抗生剤を3日間飲んでいて、何ともなかった側が化膿するのは珍しいということで。。

抗生剤をこのまま飲み続け、化膿が収まるor破裂する まで待つのが、春之進の場合は良いでしょうとなりました。
切開して膿を出す治療もあるそうですが、かなりの痛みがあるそうなので、糖尿病の春之進の場合はストレスを与えてしまうことは避けたいため、暫く抗生剤(ステロイド入り)で経過を見ることになりました。

大変お騒がせしました。。
[PR]
by harutsuku | 2007-06-02 00:56 | 春之進
<< 【血液検査の項目と検査機器】 【肛門嚢炎】 >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析