~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



【情報提供のお願い:僧帽弁閉鎖不全症】

昨日、海外にお住まいの日本人の方からコメントを頂きました。
お子さんが僧帽弁閉鎖不全症と診断され、現在、咳・呼吸困難・心拍数180という状態のようです。
気管を圧迫し、肺水腫もみられるようで、血管拡張剤を投与され、強心剤と利尿剤は「呼吸困難が続くようになるまでは辛抱するように」と言われているようです。

飼い主として、我が子の苦しみを和らげる方法はないものかと、ここにコメントを頂きました。
海外の離島にお住まいのため、日本国内のような医療環境でない上に、言語の違いもあって、非常に不安な思いをされているようです。


我が子が僧帽弁閉鎖不全症になり、看護をご経験された方・現在看護中の方、
何か飼い主ができることや気をつけること、治療についてなど、情報をお寄せ頂けないでしょうか?


宜しくお願いします。
(下のコメント欄へお願いします)


以下、頂いたコメントです。

-----------------------------------------------------------------
Commented by 蒼いイルカ at 2007-10-06 14:47

始めまして、私は海外の離島に8歳のコーギーとポメラニアンの雑種の愛犬と住んでいます。
先月、定期健診の為、本島に連れて行ったところ、僧帽弁閉鎖不全症と言われ、血管拡張剤を投与されました。
レントゲンで見ると気管を圧迫し、肺水腫も見られたようです。
非常時用に強心剤+利尿剤を貰いましたが、呼吸困難が続くようになるまでは辛抱するように言われ、毎日、苦しそうな息遣いと早い呼吸です。
心拍数も180以上です。
少しでも楽な姿勢がないかと左を上にして寝させたりしているのですが、本人の好きな姿勢が一番楽なのでしょうか・・・
犬の心臓の図解によると、フセの上体が血が逆流しないようですが、少しでも楽に過ごさせてやれる方法はないでしょうか。。。
夜中の3時頃になると苦しそうに咳き込むので一緒に寝ているのでこれからどうなるのかと不安で一杯です。
仕事の為、一緒に居てやれる時間も少ないので辛いところです。
酸素投与等も良いのでしょうか・・・
もし、日本で同じ病気にかかっている子が居たら、何か情報をお知らせ頂けますでしょうか?
何分フランス語での説明、本国から離れている為、医療もままなりません。
宜しくお願い致します。 

-----------------------------------------------------------------
[PR]
by harutsuku | 2007-10-07 00:45 | 呼びかけ/告知
<< 【処方された薬が分るサイト】 【腎疾患が疑われる場合の血液検... >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析