~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



2006年 05月 02日 ( 1 )
快復?
【体重の微増加】

とにかく、「良質なタンパク質を沢山摂らないといけない」状況でした。
タンパク質は、「点滴や注射では補えない」とのこと。
食事療法でTP値を上げていくしかありません。
獣医先生いわく、「ささみが一番良い。他、卵白、牛肉の赤身。炭水化物(白米・パン)。」ということで、近くの大型スーパーで、いつも買う安いささみではなく、「赤鶏」とかいう、無農薬飼料で育てたという鶏のささみを買い込んで、最初は茹でて細かく割き、食べさせました。
今までのドライフードや缶と違って、肉そのものですから、とても喜んで食べました。
多い時には、一度にささみ1本の4/5くらい(約40g)食べました。
体重1.7kgで一度に40gですから、私(60kg)に例えれば、1.4kgの肉を食べた計算になります。(・・満腹だ・・)
便秘が心配でしたが、まずはたんぱくの補給が優先です。
落ちてしまった体重を戻すために、炭水化物も必須です。
妻がおかゆを炊いて、卵白とささみのMIXおかゆを作ってくれました。
これも喜んで食べます!

『これでたんぱくが吸収されて、TP(血漿総タンパク)が上がってくれればいいのだが・・』

「親の心子知らず」・・でしょうか。。
数日後には、気分によって(?)おかゆは食べなくなりました。
ただ、ささみは食べてくれます。

我が家には、50g単位で量れるヘルスメーターがあるので、恐る恐る乙音を載せて体重測定をしてみました。

『1.85kg!!』

ワンダホーな瞬間でした。
わずかですが、体重が戻ってきました。
排便も比較的順調で、毎日「普通の」便をします。
多飲多尿は相変わらずでしたが、調子は悪くなさそうです。
b0087891_21093.jpg
この頃飲んでいた薬は、肝機能改善薬(ネオファーゲンC)でした。
肝臓の薬を飲んでいて調子が良いというのも、手放しでは喜べない複雑な気持ちでしたが・・。
それにしても、原因疾患が分かりません。
通院の度に、血液検査をして肝機能異常を示す項目の検査をしていますが、異常値は顕れません。。

「低たんぱく血症」というのは、それ自体は単独の病気ではなく、症状の総称ですので、低たんぱく血症を引き起こしている「原因疾患」があるのです。
その治療をしないことには、「自然治癒は望めない」という状況です。

「生検(バイオプシ)をしましょう」 獣医先生は仰いました。

生検とは、その名の通り、「生体細胞を切り取って、病理検査をする」というものです。
開腹あるいは内視鏡で、怪しいと思われる臓器を一部取らなければなりません。。
獣医先生に、その危険性を充分確認した上で、お願いすることにしました。

「では、今週は手術が一杯なので、来週月曜日3/27に予定しておきます。」

『これで、原因が分かるから、治る!』
帝王切開の可能性があるからと、妻の提案を押し切り、5歳になるまで頑なに妊娠させることを拒んでいた私でしたが、「原因がわかる=治る」のであれば、乙音を「傷物」にしてしまうことは、仕方ないと思いました。
『お父さんが一生、乙音の面倒を看てやるっ!』 そう思いました。
客観的に見れば、「親バカというか、犬ごときに・・」と思われる方も少なくないでしょう。
我が家にとっては、乙音も春之進も、人間の子供と同じです。

あとは生検の日まで、少しでも体力をつけることが第一です。
一日おきに皮下点滴をして、「その日」を迎える・・・はずでした。。


獣医師・専門家への相談サイト>
b0087891_12353112.gif

[PR]
by harutsuku | 2006-05-02 00:47 | 闘病記



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析