~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



2006年 08月 22日 ( 1 )
【2006/4/24 闘病60日目 ~大学病院へ2】 止まらない下痢

見る度に、想いがこみ上げる物が幾つかあります。

b0087891_0403238.jpg

そのうちの一つは、↑今年の2/23に届いた、ミネラルウォーターのダンボールに貼ってある、配達日指定のラベルです・・

2/23・・・この翌日から、乙音は3日連続で嘔吐し、発症しました。。
2/23・・・この日までは、乙音は元気だったのです・・

乙音が元気だった最後の日の証として、これも捨てられずにいます・・


荷物が届く時、乙音も春之進も私達と一緒に玄関へ行き、必ず荷物をクンクン嗅いで「ニモ検」しました。このダンボールが届いた時もそうでした。
1.5Lのペットボトルが6本入っており、それなりの重さなので、「ハイハイ、邪魔だよ~ 潰すよ~」と、私は足許でチョロチョロする乙音に、そう言ったのを覚えています。
乙音なりに手伝っていたつもりだったのかな・・
まさかこの時は、次の日から乙音が発症するなんて、思いもしませんでした。。
こうやって荷物が届く度に、乙音はニモ検のためにクンクン嗅ぎまわり、私達が箱を開けるのをしっぽを振って待っている・・
その画は、この先何年も描かれると思っていました・・

いつも宅配便が届くと、乙音は必ず私達と一緒に荷物を受け取り、配達してくれたお兄さんに愛想を振りまき、自分へのプレゼントが届いたかのようにウキウキしていました。
宅配便のお兄さん、郵便局の方、近所の方、e.t.c.・・
インターホンが鳴ると、いの一番に駆け下りて、玄関でお出迎えをしていた乙音でした・・

乙音と春之進が揃ってお出迎えする時には、ほぼ全ての方から「親子ですか?小さい子はまだ子供ですよね?」と聞かれました。毛色が同じで、大きさが倍以上違い、見た目では親子に見えました。

  「いえ、血は繋がっていません。」
  「しかも、このチビはもう8歳ですよ。いいおばちゃんです(笑)」

そう私が言うと、親子?子供?と聞いてきた全員が、ビックリしていました。
いつまでも子供に見えた乙音でした・・


※初めてご訪問頂いた方は、カテゴリの「ブログの概要」へお進み下さい。



2006/4/24 闘病60日目 ~大学病院へ2 止まらない下痢

大学病院の予約時間を5時間後に控え、乙音が黒いタール状の便をしました・・
この黒い便を見た時、これまで幾度と無く目の当たりにした痙攣の時より何より、
私の心臓は激しく鼓動していたに違いありません・・

粗相をしてしまったことで怒られると感じ、私を遠巻きに見ていた乙音のお尻を拭き、ベッドに寝かせました。気持ち、お腹の張りが無くなった感じはありました。先ほど大量の黒い排便をしたばかりなので当然なのですが、少し張りが退いたことが嬉しかったというか・・。
上手く表現できませんが・・。

午前4時を回り、もう寝ている時間はありません。。
診察は9時からですが、一刻も早く病院へ着きたい一心でした。
妻を起こし、それぞれ支度をして、朝5時に自宅を出ました。
月曜日で、ちょうど通勤時間帯に差し掛かってしまうので、渋滞に巻き込まれないことを願いました。麻布大学が母校である、掛かり付けの獣医先生に伺ったところ、ICを下りてから、渋滞を考えても1時間程度で到着できるだろうということでした。

腹水でお腹が張っている乙音は抱きかかえることを嫌い、お座り姿勢が楽のようなので、ナビはないけれどベンチシートの妻の車で行くことにしました。運転席の私と、助手席の妻の間に、乙音を座らせました。
この場所は、乙音と春之進のいつもの指定席です。
ナビが無いので少々不安でしたが、インターネットでICから大学病院までの地図を印刷しておいたので、迷わず行けることを願い・・

自宅を出て幹線道路に入るまでの間、桜のトンネルができていました。
かなりの樹齢の立派な桜で、およそ100mに渡り、道をスッポリ覆う桜のトンネルです。

 「綺麗だね。つくね、良くなったらみんなでお花見しなきゃね。頑張ろうね」

果たして、その時の乙音には桜は見えていたのでしょうか・・
その時は、桜のトンネルが乙音の完治を祈り、送り出してくれたように思いました。
何でも良い方向に考えたかった・・


高速道はさほど混んでいなかったので、予定通りの時間にICを下りました。
やはり、一般道は少々渋滞しています・・
妻にナビをしてもらいながら、しばらくは直進するだけの道に入りました。
助手席の妻は、座りっぱなしの乙音を気遣いながら、「伏せしてた方が楽だよ」と声を掛けていました。胸元にタオルで壁を作り、乙音が楽になれるように、色々工夫しながら・・
しかし乙音はずっとお座りしたままです・・
楽なんだろうなとは思っても、揺れる車中でのその体勢は、私達には辛そうにしか見えず、妻も私も、何度も同じ言葉を乙音に掛けていました・・
大学病院へ到着するまで、3時間余りの時間、ずっと・・

7:40 乙音が少量の下痢をしていることに妻が気付きました。
車を路肩に停め、妻が処理をしました。
この時の下痢は、朝方の黒い色ではなく、かといって普通の便の色でもありませんでした。
それは、グレー・・。
タオルを替えるため、助手席の足許に下ろされた乙音は、しっかり立っていました。けれど、まだ少し下痢をしています・・

黒い便ではなかったことで、少し安心しました。
ですが、やはり色はおかしい・・
便の色は、胆のうから出される胆汁によって茶褐色~黄色になります。
グレーということは、胆のうにも問題があるということになるのでは・・?

今までの下痢とは明らかに違っていました。
頻繁な下痢が続くのは、腸の疾患の特徴です。
私の中では、腸の病気ではないかという疑いが、ほぼ確実なものになっていました・・

b0087891_2303143.jpg


8:25 大学病院へ無事到着しました。
ここまで来れば、とにかく何とかなるはずです。

殆ど寝ていないこと、疲れが溜まっていること、そんなことは感じませんでした。
やっと、ここへ来れた・・
その安堵感、乙音の病気を治してもらえるという期待感、それらが交錯していました。

しかし・・・そんな気持ちを不安へと引き戻すのは、未だ止まらない乙音の下痢でした。。
車中、乙音の座っていた場所にはペットシーツを敷いていたのですが、少量の下痢が見られました・・
車を下り、病院の入り口の手前でペットシーツを広げ、抱いていた乙音を下ろすと、黄色い尿と下痢をしました。下痢の色は車中と同じグレー・・。
車の中では我慢していたのでしょう・・。この時の下痢は多めでした。。
我慢していてもチビってしまうことが、乙音の状態の悪さを物語っていました・・

この時はまだ、乙音は立てていました。
この時が、乙音が自力で立って出来た、最後の排尿と排便でした・・
とても可愛い、踏ん張った姿でした・・
いつも見て笑っていた姿のはずですが・・
この時はその姿に、胸が苦しくなってしまいました・・

b0087891_2151530.jpg



人気blogランキング
 ←宜しければクリックお願いします           
[PR]
by harutsuku | 2006-08-22 02:39 | 闘病記



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析