~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



カテゴリ:大学病院/お薦め病院( 4 )
【神奈川・京都・岡山・山口の病院情報】

先日募集し、今までに寄せられました病院情報です。
数名の飼い主の方が実際に受診してみて、「良いと思った」病院・獣医師の情報です。
情報をお寄せ頂いた皆様、どうもありがとうございました。

対象地域の飼い主の方で、「近くに良い病院はないかしら・・」とお探しの方の参考になればと思います。

なお、私は頂いた情報を読んで、どの病院・獣医師も良いと感じましたが、感じ方は人それぞれですし、病気によっても状況によっても、感じ方は異なることがあると思います。
受診の際には、ご自身のご判断でお願い致します。


以下、頂いた情報のうち、情報提供して下さった方が特定されないように、多少文章を変えて掲載します。




■神奈川県 ふう動物病院
神奈川県横浜市南区六ッ川4-1204-19
布田先生

個人病院で規模は大きくないのですが、とても親切で、些細な事でもとても丁寧に答えてくれます。
そして、わからない事はきちんと調べて教えてくれます。
勉強熱心の素敵な先生です。

私が感じる事は、とにかく一生懸命と言う事。
そして、本当に患者が納得するまで、とっても丁寧に説明してくださいます。
私は、わからない事はもう、同じ事でも何回も聞きたいタイプですので(笑)しつこく聞くのですが、繰り返し何度も説明してくれます。
わかりやすい言葉を選んで、何度でも。

我が家は病気でお世話になることがほとんどないので、爪切りや、体重測定などで、何にもなくても月に2回くらいは病院へ行くようにしています。
そして、その都度聞きたい事を聞いてくるのですが、その時に私がわからないよう顔していると、次に行く時までに、わかりやすい文書をコピーしておいてくれたり、電話してきてくれたりします。

それから、私が1番この人に任せようと思ったのは、まだ、我が子が来てすぐの時に何も知らない私が、「夜間とかに具合が悪くなったらどうしたらいいんですか?」って先生に聞いたら、「ここに、電話してください。どうしても勉強会などでいない時以外は私が見ます。でも、もし勉強会などでいない場合は、こちらにお願いします。」と言って先生の携帯番号と救急病院の番号を書いたメモをくれたからです。

病院は個人病院で、1階が病院。2階が自宅になっています。
免許のない私は、夜間も留守以外は見てくれると言ってくれて、本当に安心しました。

でも、だからといって自分で何でも診ようではないのですよ。
病気になってしまった友人の愛犬も、最初はその先生が診てくれてたのですが、他の病院に移りたいと言ったときにもすぐに調べてくれて紹介状を書いてくれたり、先生の思っていた治療方法とは違う病院に愛犬を移したいと言った時にも、治療方法(先生の考え方の違いやらも)を説明してくれたうえで、友人が了解をするのであればと紹介状を書いてくれました。

わんこの事はもちちろんの事、飼い主さんの気持ちにもそってくれます。
ふうさんは、個人病院ですので、大きい病院のようにたくさんの設備があるわけではありませんし、先生は布田先生一人です。
大きい病院に行かなくては行けない時には、そちらへ行くと思いますが、出来る事はふうさんにお願いしようと私は思っています。
信用していますから・・・

ちなみに、北海道の獣医大学を卒業して、東大の研究会にてその後も今も勉強を続けているそうです。
最近は東洋医学も取り入れる方向だそうで、気功なども勉強しているそうですよ。
針は元々やっているみたいです。

--------------------------------------------------------------------
友人の愛犬が亡くなった後、病院に行ったときに、一緒に涙を流してくれた先生と看護師さんを、私は凄腕かはわかりませんが、大好きですよ。



■京都府 おざわ動物病院 
京都府宇治市神明宮北16-26

ここの院長、小澤先生をはじめ、どの先生も丁寧な診察、説明でした。
そして何よりも、飼い主や動物の気持ちを一番に考えてくださる本当に熱心な先生達でした。
私の愛犬は、ここで手術をしました。
主に、神経系の病気に詳しいようです。

※補足:院長の小澤獣医師は、南京都夜間動物診療所(TEL 0774-44-3139)の非常勤獣医師でもあるようです。



■京都府 舞鶴動物医療センター 
京都府舞鶴市浜1284

若い院長先生ですが、物腰が柔らかく、実に丁寧な診察をしてくださいました。



■京都府 ひとみ動物病院 
京都市左京区吉田上阿達町37-7

ここの先生は動物を第一に考えてくれました。
口数は少ないかもしれませんが、こちらの質問には丁寧に誠意を持って答えていただけます。主に麻酔を専門とされている獣医さんのようです。

--------------------------------------------------------------------
京都は以上ですが、どちらの病院も、どの先生も京都動物医療センターでも勤務されています。
京都動物医療センターは、MRI撮影のできる施設で、夜中でも獣医師の紹介があればみていただけます。
名前は忘れてしまいましたが神経系、ヘルニアの権威の先生が顧問をされています。
どの先生方も自分の病院での勤務を終えられた後、こちらの施設で診察されています。
出資もご自分達でされていて、他の病院に比べると、MRI撮影の費用は安いようです。
みなさん、専門はそれぞれ異なるようですが、とても丁寧です。
そして、動物を第一に考えてくれます。



■岡山県 山陽動物医療センター 
岡山県赤磐市山陽町河本357-1

こちらのブログでも紹介されていた本にのっている下田先生の病院です。
あちこちの本で見つけますね(笑)

院長の下田先生は、口数が少し少ないのがネックです。
ただ、診察はきちっと抜かりなくしていただけます。
口数が少ないのも、こちらが質問した事に対してはきちんと丁寧に答えてくださるので、飼い主次第かとも思います。
若い先生や新人の先生もうじゃうじゃいますので、当たり外れもあるような気がしますが、基本的に難しい病気の場合は全て院長先生が担当します。
無駄な薬は出さず、料金もまぁまぁ良心的です。
我が子の手術も、自分のとこですれば儲かるものを、腕のいい先生をと紹介してくれたあたり、私はすごいな、と思います。



■岡山県 小出動物病院 
岡山県矢掛郡矢掛町東三成1236-7

こちらも本にのってますよね。院長の小出先生は肝臓系に強いと言われてます。
最新のCT設備も整っていますが、診察料が高いです...
院長の小出先生は、これでもか!というくらい、丁寧に飼い主の目線になってお話してくださいます。



■山口県 山口大学動物医療センター 

とにかくすごい人です。
診察は予約ではなく、現地へ来た順番が基本なので丸一日かかります。
MRI撮影も週2回だけです。
緊急時などは、動物に負担がかかるかもしれません。
が、それぞれの分野の獣医師が揃っているので、その点は安心です。
どこの大学病院も同じでしょうが。
担当の先生の名前を忘れてしまいました....汗
私がお会いしたのは神経系の先生ですが、(背が低い先生)説明は丁寧です。
獣医師の方に山大の背の低い先生と言えば、100%わかるそうです。←笑

--------------------------------------------------------------------
今までいろんな獣医さんに出会ってきました。
最悪な先生も、もちろん....
今ご紹介させていただいた先生方は私が実際にお会いして、お話をしてみて、とても信頼できる先生方です。
みなさんのお役にたてればいいですが(笑)





素人の私たち飼い主が、獣医師の力量を見抜くのはなかなか困難だと思います。
私のように、過去3年間の受診経過から、「この先生は知識もあるし、説明もしてくれるし、信頼できる」・・と思っていたのに、「乙音を助けることを真剣に考えてくれてなかったなぁ・・」・・・という例もあります。
皆さんが良いと思う獣医師・病院を知ることは、たとえその病院へ行かなくても、参考になることは多いと思います。
今の担当獣医師を「見直す」きっかけにもなるかもしれません。
引き続き、情報を募集しておりますので、宜しくお願い致します。

haru
[PR]
by harutsuku | 2007-07-09 19:03 | 大学病院/お薦め病院
【名古屋の高度医療動物病院】

ここにお越し頂いた「chamahimeさん」から教えて頂いた病院について。
この情報は、サイト開設後、5/15に教えて頂いていましたので、1ヶ月以上も掲載しておりませんでした。
chamahimeさん、誠に申し訳ありませんでした。

以下、chamahimeさんからのメールを転載します。
--------------------------------------------------------------------
動物看護士さんからの紹介病院を報告します。

麻布大学動物医療センターで整形外科・脳神経外科の専門医として従事していた獣医師です。
股関節形成不全・膝蓋骨脱臼など、手術の腕は日本一。・・(紹介者・動物看護士の感想)
日々、骨格の遺伝疾患に悩むワンコと飼い主さん達を前にし、「ストップ!乱繁殖!!」を訴え、ついに仲間の先生方とNPO法人を立ち上げました。
骨格の遺伝疾患の子を登録し、繁殖ラインから外して行こう!というのが目的です。

その先生がこの春に名古屋で開業しました。
何かの参考になればと思います。

   名古屋動物整形外科病院

--------------------------------------------------------------------

病院長は、現在も週2日、麻布大学付属動物病院(神奈川県相模原市)で、診察と手術を担当されていらっしゃるようです。 ※毎週かどうかは要確認です。
  麻布大学付属大学病院--小動物診療担当医
※関東地方の方も、名古屋まで行かなくても済みますね。

文中のNPO法人は、日本動物遺伝病ネットワーク です。

無謀な繁殖によって、病気などを「背負わされてしまった」動物達は、年々増えているといいます。
専門的知識を持った獣医師が、このような状況に立ち向かって頂けることは、不幸な目に遭う動物を減らすことにきっと繋がるだろうし、私達動物を愛する飼い主にとっても、とても喜ばしいことです。
動物のことを助けたいと、心から思っていなければ、多忙であるにもかかわらず、このような非営利活動などできるものではないと思います。

この病院のHPには、「飼い主様の権利」「飼い主様へのお願い」というページがあります。
私は、読んで感動しました。
私たち飼い主が、「あきらめて」いたことを、「権利はあるんだよ」と明言されているし、
「動物を救ってあげたい!」という「気持ち」が感じられたからです。  ⇒こちら


この病院の病院長である、「陰山 敏昭・獣医師」ですが・・
私がこのブログを始めるきっかけになったHP、「タンゴの闘病記」のタンゴくんの主治医だったのではないかと思います。
もしお時間がある方は、この タンゴの闘病記 を最初からお読み頂ければと思います。
この先生の素晴らしいお人柄が窺えます。

お時間の無い方は、ここ の「12月2日 K先生からの手紙」を是非読んでみて下さい。
(文末に、先生からの手紙へのリンクがあります)

全ての獣医師が、このような「思い」をお持ちであれば、人為的に不幸になってしまうような動物は激減することと思います。

そう願いたいものです・・

 
[PR]
by harutsuku | 2007-06-25 23:40 | 大学病院/お薦め病院
【大学病院での受診を考える前に】

私は大学病院での受診をお勧めしていますが、誤解があればいけないと思いますので、もう少し詳しく書こうと思います。


私が経験上、大学病院をお勧めするのは、次の場合です。
----------------------------------------------------------------
  掛かりつけの個人動物病院で、

     ①原因が判らない
     ②検査設備が整っていない
     ③難病と診断された
     ④治療方法、手術が難しいと言われた    ・・・場合
----------------------------------------------------------------

動物診療は、人間のそれとは次元が全く違うと思います。
病院によって、獣医師によって、格差があるのは否めません。
また、統一した料金体系もなく、中には悪質な「儲け主義」のところもあるようです。

「①原因が判らない②検査設備が整っていない」は、多くの場合密接な関係があると思われ、検査したくても設備がなかったり、病気そのものについて、その治療法について確立されていない、または獣医師の経験が不足している・・などが考えられます。

このブログを読んで頂ければ、私が獣医師に対してかなり不満を抱いているのが感じられると思いますが、①や②の場合は、一概に獣医師を責められないところがあると思っています。


①「原因が判らない」について

動物の種類は様々です。犬だけでもかなりの種類があります。
およその造りは同じとは言え、特に愛玩動物は異種交配によって「創られた」種類が多く、人間では有り得ない「血の濃い」交配をしてしまうブリーダーも多いと聞いています。
それにより、予想外の病気になることもあったり、犬で言えば犬種ごとに「掛かり易い病気」というものができてしまうのだと思っています。
また、人間に比べれば、「命の重さ」は軽んじられています。臨床データも不足しているはずです。病気やその治療方法についての獣医師間の情報網も、人間よりは未熟なはずです。

そんな中で、動物の全ての病気に対応できるわけがなく、「原因が判らない」というケースは多いのではないかと思います。



②「検査設備が整っていない」について

病院とは言え、国からの援助があるわけではなく、「個人事業主」「中小企業」と同じです。なので、経営していくには利益を上げていく必要があります。(私も一応独立しているので、その厳しさは理解しているつもりです。)
「慈善事業」ではなく「営利目的」だということを頭に置いておかなければなりません。「儲けが無くても病気を治す」ような赤ひげ先生は、思ったより少ないのかもしれません。。

フィラリア・ワクチン・狂犬病予防接種などの決まった診療以外は、動物が病気や怪我をしなければ来院しないので、収入も不安定な業種です。そんな状況で、高価な検査設備に投資していかなければならず、かなりの数の獣医師は、思ったように設備を整えられず、歯痒い思いをされているのではないかと思います。

そう考えると、個人開業の動物病院で、高度な検査・治療が受けられないのは仕方の無いことかもしれません。

----------------------------------------------------------------
「①原因が判らない②検査設備が整っていない」この場合は、その病院での治療は限界なので、より設備が整っていて、経験・知識のある獣医師のいる大学病院や、それに準じる病院へ早く行くことが必要だと思います。

「③難病と診断された④治療方法、手術が難しいと言われた」、この場合は、おそらく獣医師から大学病院なりを紹介してくれると思われます。
自分のところでは「限界だよ」と言っているからです。
もし紹介の話がなければ、獣医師と治療方針等について、よく話し合う必要があるのかもしれません。「治療の目算がある」のか、「手を離さない」のか、を見極めるためです。
----------------------------------------------------------------

①②の場合は、獣医師から率先して、大学病院なりそれに準じる病院を紹介して頂きたいものです・・。「本当に治してあげたい」と思うなら、獣医師から切り出すべき話だと思います。その上で、治療費その他から飼い主がどうすればいいかを選択するようにして頂きたいですね・・
「手に負えなければ、手を離し、できるところへ繋ぐ」というのも、ある意味、「治療」ではないかと思います。それをしない、できない獣医師に対して、私は不満が募ってしまいます。。


b0087891_66715.jpg



ここからが「誤解」のないようにお話しておきたいことですが・・

経験・知識があり、設備が整っていれば、何も大学病院でなくともいいと思っています。個人開業でもそのような病院はたくさんあると思います。むしろ大学病院よりも優れた民間の病院はあると思います。
ただ、本当にいいのかどうかを判断するのに、民間の病院よりも大学病院の方が「レベルが分かり易い」ので、不特定多数の皆様にお伝えするのに「大学病院」と言っています。


高度治療のできる民間病院が判っていれば、その方がいいのかもしれないと思うこともあります。
私が大学病院に偏見を持っていたのは過去記事に書きましたが、大学病院はあくまで「教育を兼ねる」ところです。病気・怪我の治療を、将来獣医師になる学生の実習の場にすることは必須です。なので、場合によって、経験の浅い者による治療が行われることもあるはずです。もちろん、監督者はいるでしょうが・・。

乙音を連れて行った大学病院で、分かっていたとは言え驚いたのは、診察前の助手先生の問診で、ズラッと学生が並んでいたことです。私達と助手先生の会話をノートに書いていました。
診察室のドア越しに、奥で検査や治療をしている学生の姿も見えました。
ICUで乙音を看てくれた方の中には、学生も含まれています。

大学病院では、「学生が関与する」ことだけは頭に入れておかないといけないと思います。

事故や見落としの可能性が0とは言えないのは、人間の大学病院でも同じで、私が過去に白血病と誤診されたり、父の大腸ガンを末期になるまで見落としたのは、某国立大学病院でした。

乙音が掛かった大学病院(麻布大学病院)には良い印象を持てました。
そこしか経験していないので、他の大学病院がどうなのかは分かりません。
麻布大学病院の待合室で知り合い、飼い主の方と診察まで話をしていたヨーキーの子は、開業医を3軒変えても原因が判らず、その大学病院で心臓のガンとすぐ判明したそうです。残念ながら、余命宣告をされてしまったようですが・・。
ただ、原因疾患はすぐ特定できていました。
乙音の場合も、開業医では予測されていなかった「腸の病変」が判りました。

学生が関与するというリスク(?)はありますが、原因を特定したり、高度な治療をするためには、大学病院での受診という選択肢は外せないと、個人的には思うのです。

獣医大学病院リスト



    ※初めてご訪問頂いた方は、カテゴリの「ブログの概要」へお進み下さい。


よりたくさんの方にご覧頂くため、クリックのご協力をお願いします。
            
人気blogランキング
  人気ブログランキング【ブログの殿堂】
[PR]
by harutsuku | 2006-07-08 06:18 | 大学病院/お薦め病院
【獣医大学病院リスト】
【北海道】

北海道大学大学院獣医学研究科付属動物病院 
〒060-0818 北海道札幌市北区北18条西9丁目
TEL:011-706-5239

帯広畜産大学付属家畜病院  
〒080-8555 北海道帯広市稲田町西2線11番地
TEL:0155-49-5683

酪農学園大学附属動物病院 
〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582番地
TEL 011-386-1213



【東北】

北里大学獣医畜産学部附属動物病院 
〒034-8628 青森県十和田東23番町35-1
TEL:0176-24-9436

岩手大学動物病院 
〒020-8550 岩手県盛岡市上田3-18-8
TEL:019-621-6238


【関東】

東京大学動物医療センター 
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
内科TEL:03-5841-5419
外科TEL:03-5841-5420

東京農工大学付属家畜病院 
〒183-0057 東京都府中市晴見町3丁目8-1
TEL 042-367-5785

日本獣医生命科学大学付属動物医療センター 
(旧 日本獣医畜産大学) 
180-8602 東京都武蔵野市境南町1-7-1
TEL:0422-31-4151(大学代表)

麻布大学獣医学部付属動物病院 
〒229-8501 神奈川県相模原市淵野辺1-17-71
TEL: 042-754-7111(代)

日本大学生物資源化学部動物病院 
〒252-0813 神奈川県藤沢市亀井町1866
TEL:0466-84-3900


【中部】

岐阜大学動物病院  
〒501-1193 岐阜県岐阜市柳戸 1-1
TEL:058-293-2962/2963


【近畿】

大阪府立大学付属獣医臨床センター 
〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1番1号 
TEL:072-252-1161


【中国】

鳥取大学農学部付属動物病院  
〒680-8553 鳥取県鳥取市湖山町南4丁目101
TEL:0857-31-5343

山口大学動物医療センター 
〒753-8515 山口県山口市大字吉田1677-1
TEL:083-933-5931


【九州】

宮崎大学農学部付属家畜病院  
〒889-2155 宮崎県宮崎市学園木花台西 1-1
TEL:0985-58-7286

鹿児島大学農学部付属家畜病院 
〒890-0065 鹿児島市群元1丁目21-24

                                〔2006/6/29 現在〕
[PR]
by harutsuku | 2006-04-07 04:00 | 大学病院/お薦め病院



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析