~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



カテゴリ:理不尽な事件( 6 )
【広島ドッグパークTV報道】

広島ドッグパーク
「10/3 TBS イブニング5」 で報道されたそうです。


人気blogランキング

[PR]
by harutsuku | 2006-10-05 09:33 | 理不尽な事件
【例の動物病院のTV報道】

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、以前取り上げた動物病院のことを、
昨日、日本TVが報道したようです。(みかライさんが教えて下さいました。)

        NEWS リアルタイム1 
        NEWS リアルタイム2  


        
人気blogランキング

[PR]
by harutsuku | 2006-09-28 00:35 | 理不尽な事件
【動物医療ミス 裁判勝訴のニュース】

本日9/8、下記の「動物医療ミス」による裁判があり、被告の獣医師に慰謝料など計132万円の支払いを命じる判決があったそうです。

   ラブラドールレトリバーのバロン君、去勢手術ミス

去勢手術をしたから安心という訳ではないですね・・
うちの春之進は、生後7ヶ月で去勢しています・・


動物の医療ミスについては、勝訴の判例が幾つかあるようです。

   獣医の医療ミス
    ※獣医療の質の向上を目的とするホームページ
      我が子を獣医師の怠惰な手術で亡くされた方が管理人をされています。


動物医療に真剣な獣医師が増え、心無い獣医師・親身でない獣医師がいなくなることを願います・・



※初めてご訪問頂いた方は、カテゴリの「ブログの概要」へお進み下さい。

人気blogランキング
 ←宜しければクリックお願いします。
[PR]
by harutsuku | 2006-09-08 18:01 | 理不尽な事件
【百代ちゃん連れ去り殺害事件】

既に新聞報道もされ、多くの方のブログでも取り上げられている
「フレンチブルの百代ちゃん 連れ去り殺害事件」です。

私がこの事件のことを知ったのは、昨夜遅く、REON&うららママさんのブログでした。
ここへお越し頂いている方、hicyamamaさん、ちゃあさん、亜貴子さんも記事にされています。


 【新聞報道】(画像はREON&うららママさんのブログよりお借りしました)

        北海道新聞
b0087891_22194880.jpg

        読売新聞
b0087891_22201231.jpg


詳しくは、
飼い主Akiさんのご友人まちこさんのブログ「puri☆pochi life!!」
同じく茶々ママさんのブログ「茶々ママDiary
をお読み頂ければと思いますが、概略、こんな酷い事件でした。
(一部、上記ブログから引用)

***************************************************
8/28午後、札幌のとあるドラッグストアの入り口に繋いでおいた百代ちゃんが連れ去られる。
ビラ配り、ブログでの呼び掛けの結果、百代ちゃんにそっくりな子を連れている女性を見たとの情報あり。
飼い主さんとご友人が、その目撃情報から女性のマンションを突き止め、管理人さん同行の上、女性に確認を求めるが「犬などいない」と拒否(部屋の中からは百代ちゃんと思しき鳴き声が聞こえている)。
やっとドアを開けたと思ったら、その女性犯人は、百代ちゃんをベランダ(マンション6F)から投げ落としていた。。
百代ちゃんは即死・・
犯人は警察に同行されるも、事情聴取のみで拘留されず。
***************************************************

犯人は39歳女性、2人の子供がいるそうです。
私と同年代です・・
連れ去ること自体考えられませんが、それがばれそうになったらベランダから投げ落とすなんて・・。マンション6Fだということ、その高さから投げても百代ちゃんに危険がない、なんてことを認識できなかった訳がありません。。
そして、その一部始終を見ていたであろう、自分(犯人)の二人の子供が傍にいたことも・・

この事件については、既にメディアで報道もされ、たくさんの方の意見等もネット上で飛び交っているようです。
中には、飼い主の方が買い物している間、容易に連れ去れる状況に百代ちゃんを置いてしまったことについての批判も多くあるようです・・
また、匿名をいいことに、被害者側を誹謗中傷する輩もいるようで・・



私もたまに、店頭に繋がれ、買い物する飼い主を待つワンちゃんを見掛けます。
よほど犬嫌いでなければ、その子を見た方は、頭を撫でたり声を掛けていきます。
そんな光景を目にする時、ほのぼのとした気持ちになれたりします。

「悪意を持って連れ去るなど、この平和と言われる日本で、そう起こることではないでしょう。」

・・・という認識を改めなければならないと、この事件は教えてくれます。
・・・淋しい社会になったものです。。


飼い主のAkiさんのメッセージ

  「お願いだから気をつけて!皆さんの身近にも危険があります!
   愛犬を守って!私と百代のような思いは絶対にしないで!!!」

                           (※Puri☆Pochi lifeより転載)


こんな酷い目に遭わされたのにも拘らず、Akiさんは犯人の子供のことを心配されているそうです・・。心の優しい方ですね・・
私は男ですから、女性の我が子への思い入れは分かりませんが、犯人には子供がいるということ、その子たちの目前で凶行に及んでいること、それが信じられないです。
社会通念上は「たかが犬」ですが、飼い主にとっては人間の子と同じ重さです。
自分の子供を誘拐され、救出寸前にマンションの6Fから投げ落とされた、ということと同じことなのです・・
その犯行を犯人の子供がどう見て、何を学ぶか・・
犯人の子供たちも、被害者に思えます・・


人間の子供も、心ない人間によって誘拐や監禁、殺害される世の中です・・
百代ちゃんの尊い命、そして飼い主さんの想い・・それを無にしないように、
「我が子から目を離さない」よう、肝に銘じなければならないようです・・


人気blogランキング
 ←宜しければクリックお願いします。
[PR]
by harutsuku | 2006-09-03 23:24 | 理不尽な事件
【ある現実2】 タクシーに撥ねられたラムちゃん

REON&うららママさんからコメントで教えて頂いた、tubutabuさんの記事を読みました。

タクシーに轢かれてしまい、重傷を負ったラムちゃんの飼い主の方が、タクシー会社を相手取って裁判を起こされている話です。
轢いた状況も、その後の加害側の対応も、酷いものです・・


飼い主さん(ラムねーさん様)のブログ⇒lovin'youへ、是非ご訪問頂きたいと思います。


***************************************************
【8/29 追記】

このところ、犬に関する悲しい現実を、続けざまに目の当たりにしますね・・
今、私が感じていることを書いてみたいと思います。
個人個人意見が違うと思います。
読まれて気分を害してしまったら申し訳ありません。。


動物は、法的にはモノ扱いである以上、「たかが動物」という、心無い人間の意識を変えるには、いくら「動物は家族と同じ」と社会に訴えても、限界があるのかも・・と少し思います。。
今のままでは、残念ながら「価値観の相違」という観点から逃れられないような気がしています・・
そしてその先の判断は、「モノ」であるという、人間が都合よく決めた動物の価値・・


「人間を傷付けたり、殺すことは悪いこと。犯罪である。絶対にしてはならないこと。」

私達は子供の頃に、そう教えられているはずです。
それでも殺人は今もどこかで起こっており、戦争という大義名分を振り翳した殺人も行われています・・ 
戦争の多くは正当化されて行われています。
「いけないこと」と、幼い頃に教えられた、「人を傷付け、殺すこと」のはずなのに・・

以前、TVで放送されたドラマ「女王の教室」で、
「何故、人を殺してはいけないの?」(※「別に構わないじゃないか」という意味で)
と言う子供に対し、天海祐希演じる教師が言った言葉を覚えておられる方も多いと思います。(↓このような台詞だったと記憶しています。)

  「人の痛みを知りなさい。どんな人にも素晴らしい人生がある。」
  「人が持っているものを奪う権利は誰にもないのです。」
  「残される人に苦痛や悲しみを与える権利も誰にもないのです。」

・・これは全て、動物に対しても言えることではないのでしょうか?

人間の身勝手で捨てられ、保健所に持ち込まれる犬猫たち・・
人間の身勝手で、一生狭く暗いケージの中で、「ただ生かされる」犬たち・・
人間の身勝手で、路上のゴミと同じように車で轢かれ、放置される動物たち・・

これから楽しい生活が待っていたかもしれない・・
陽を浴びて、風を感じて、元気に走り回ることができたかもしれない・・
人間に家族がいるように、動物にも、帰りを待つ子供たちがいたかもしれない・・


かなり前ですが、一般から公募した創作話を、オムニバス形式のアニメにしたTV番組がありました。(番組名は忘れました。。)
その中で、こんな話がありました。(うろ覚えですが・・)

===============================================
神様が地球上の生き物に、こう言いました。

「この地球に不要な生き物を一つ、多数決で選びなさい。その生き物を地球から抹殺してあげよう」

人間は色々議論しました。
害虫、害獣・・など、人間以外の生き物の、何を抹殺すべきかを・・

そして、地球上の生き物による多数決で決まった、抹殺された生き物、
それは・・「人間」でした。。

人間のいなくなった地球には、無駄な争いや環境破壊のない、平和な時間が流れたのでした・・ 
===============================================

人間は他の生き物に対し、どれだけ酷いことをしているのか・・
「人間が一番偉い、尊い生き物」という観点でしか考えられない、人間のエゴ・・
地球上に棲む全ての生き物の中で、人間は少数であるということ・・

とても考えさせられた、良い話だったと思います。

この地球は人間だけのものではないのに、知能に優れ、それが故に、生きることには不要の、様々な「欲望」を持ってしまった人間・・
偉そうなことを言っている自分も、典型的な「人間」ですが・・


話に脈略がなくてすみません(汗)

「動物だから、モノなんだから命を奪っても傷つけてもいいんだ」という、一部の人間の身勝手な考え方を改めさせるのは、容易なことではないのかもしれません・・
動物を傷つけ命を奪ったことに対する罰を、人間と同じ重さに近づけていくことが、
不幸を無くす対策として、とても有効ではないかと思います。
(本来はそれではいけないと思いますが・・)

そのためには、「動物は家族と同じ」という価値観の他に、「動物の命の重さ」を、
個人個人が叫んでいくという、地道な行動も必要ではないかな・・と思います。


※初めてご訪問頂いた方は、カテゴリの「ブログの概要」へお進み下さい。


人気blogランキング
 ←宜しければクリックお願いします。
[PR]
by harutsuku | 2006-08-28 10:55 | 理不尽な事件
【ある動物病院における、信じられない話】

以前、ぷりんちゃんの供血のことを書かせて頂きましたが、ぷりんママさんのブログ「みっくす*ぷりん」の記事に、都内「多摩センター」駅近郊の、ある動物病院が問題になっていることが書かれていると、REON&うららママさんから教えて頂きました。
※被害に遭われた飼い主の方々のHP⇒多摩センター動物被害者の会

訴訟を控えている段階とのことですので、病院と獣医師を特定するようなことは書けませんが、調べてみると、酷い状況なのが良く分かりました。

この病院のHPに辿り着くことができ、被害に遭われた方々の意見交換の場にも辿り着きましたが、「有り得ない・・」と思いました。
乙音の出産、今回の病気のことについて、私も獣医師に対して不満はありますが、そんなものではないです、この獣医師は・・  次元が違い過ぎます。。


動物は、人間社会の上では「モノ」扱いです。
けれど、同じ命のはず・・
モノのように扱われ、モノのように捨てられ、モノのように殺される・・
何かおかしくないですか?

動物の世界には弱肉強食の原則はあります。
ヒトが生きるために動物を殺すのは、悲しいけれど原則なのだと思います。
私だって、肉や魚は好んで食べます。

ですが・・

ヒトが生きることとは関係ない理由で、動物を殺すことは、単なるヒトのエゴではないでしょうか・・
それも、本来、モノ扱いされる動物の命を命として見、命を救うための職業である獣医師が、己の私利私欲のために、動物の命を奪うことなどあってはならないのではないでしょうか・・


動物を家族同様、あるいはそれ以上に思っている私達飼い主もいれば、モノとしか見ない人間もいます。人それぞれの価値観があるので、皆、私達と同じように思わなければおかしいとは言い切れません。動物からの無償の愛情を受けたことがない人間に、「同じように思え」というのは無理な話かもしれません。
ですが、少なくとも動物の命を扱う職業に就いている者は、私達と同じ気持ちでなければならないはずです。そうでないと、「助ける」ことはできないはずです。

私もそうですが、皆さん、動物病院選びに苦心されています。
それだけ、信頼できる病院、獣医師が少ないということです・・
この病院も、HPを見る限りでは、良さそうな病院に見えます。
獣医師の学歴、経歴も大したものです。
また、一時はあるTV番組でこの病院のことを放送する予定だったようです。
(幸いにも被害者の方が阻止されたようです。)
この病院のHPには、放送されるはずだった映像が、TV局に無断で載せてありますが、それを見ると、「この獣医師は凄い!」と、間違いなく勘違いします。
TVに流れる事が、全て真実とは限らないのは、私も経験しています。
以前勤めていた会社がTVで取り上げられました。その内容にはかなりの「錯誤と誇張」がありました。当時、私は設計部の責任者でしたので、内情は良く知っていたのですが、あまりに事実と異なる内容に、己の会社のことなのに閉口したことがあります。同じことは、まま目にすることです。それ以来、TVに対する見方が変わりました。


話が逸れましたが・・

こんなに犠牲者がいて、問題になっているのに、まだ営業していられるのは何故?
管理監督すべき機関は、見ないフリで放置してるのでしょうか?
動物だから? 殺人じゃなくて、器物損壊だから?
誠意を尽くし、動物の尊い命を救わんとしている獣医師はたくさんいるはずです。
一握りの悪徳な獣医師のせいで、獣医師に対する信頼は失われてしまいます。

動物の命の価値を社会に認識させるためにも、この問題を大きく社会に問うことは、意義があるのではないかと思います。また、どこかで同じようなことが繰り返されているかもしれません。

この被害者の会のHPを見て、多くの方に現実を知って頂きたいと私も思いました。
動物診療の向上のためにも、この問題を社会に知って頂く必要があると思います。
同じ思いの方は、被害者の会のことを多くの方に知って頂けるように、ご紹介下さい。

多摩センター動物被害者の会
http://doubutsubyouin.web.fc2.com/index.htm


※初めてご訪問頂いた方は、カテゴリの「ブログの概要」へお進み下さい。



人気blogランキング
 ←宜しければクリックお願いします
[PR]
by harutsuku | 2006-08-10 02:07 | 理不尽な事件



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析