~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



カテゴリ:e.t.c.( 98 )
7年目の命日
7年前の今日、乙音はひとり、大学病院の冷たいケージの中で亡くなりました。

7年も経ったのかと思いますが、当時の記憶は未だ鮮明に残っています。
あの年も寒くて、私の住んでいる地域では桜が満開でした。
今年は既に散ってしまっています。。


年に数回もアクセスしなくなってしまったこのブログですが、今も沢山の方が訪れて下さっていることにビックリします。
管理画面のリポートを見ると、サーチエンジンで検索して辿り着く方が殆どのようです。

検索ワードは

低アルブミン、低蛋白血症、胸水、犬の病気多飲、多尿・・・等々。
病気に関する言葉が多いですね。
不安に思って、調べている方がここに辿り着かれて、何か参考になることがあればいいなと思います。

当時は私も探しました。
不安で仕方なかったし、何としても乙音を助けたかったから・・
いろいろが遅すぎたのですけど、後悔や自責の念は、7年経って少しは薄れています。


乙音の兄貴分である春之進は、11年間もの闘病生活を続けながらも、16歳を過ぎて尚、元気です(笑)
糖尿病になってすぐ失明したので、11年もずっと暗い世界に生きている可愛そうな子です・・

でも、年を重ねるごとに『頑固』になって。
因業じじい全開です(笑)


このブログを再開する気にはなれないのですが、過去に書いたことが、誰かの役に立つことを願って、このままにしておきます。
病気の子を抱えている飼い主さん、私と同じような後悔をしないことを願っています。
早い対処で、我が子を守ってあげて下さい。

haru
[PR]
by harutsuku | 2013-04-25 22:36 | e.t.c.
5年
昨日は、乙音の5回目の命日でした。

もう5年です。

「もう」なのか「まだ」なのか。
どちらで表現するかで、この5年間をどう消化してきたかが分かります。


今年の桜の開花は遅くて、昨日は5年前と同じくらい咲いていました。
当時のことがいろいろと思い出されました。


当時は想像しえなかったくらい、今の生活は一変しています。
しかも年々。
きっかけは乙音が亡くなったことから。
人生、先のことは分かりません・・



東日本大震災の痛ましい報道は、本当に心が痛み、やるせない気持ちにさせられます。
人も動物も植物も魚たちも、大自然の脅威の前では、簡単に命を奪われてしまうのですね・・


5年・・・もう5年です。

春之進は、まもなく14歳半を迎えます。
基本、元気ではありますが、かなりやせ細り、足腰もだいぶ弱くなりました。
5歳半で糖尿病→失明、犬生の2/3近くを不自由なまま生きています。
不憫な子ですが、今も昔のままの甘えん坊です(苦笑)

皆様のお子さんはお元気でしょうか?


人生も犬生も、先のことは分かりません。

今この時の幸せを、ちょっとした笑みがこぼれることを、大切にできるといいですね。
[PR]
by harutsuku | 2011-04-26 13:02 | e.t.c.
近況
この乙音のブログ、永い間放置したままでおります・・

ブックマークからのご訪問が今も多いことにビックリすると共に、喜びも大きいです。
また、検索でご訪問頂いている方も多く、何か参考になることがあれば幸いだと思います。
全国からアクセス頂いているのも、地域ブログでしか書いていない今は、何か新鮮に感じます(笑)


乙音を亡くし、このブログを書いたことから、私の人生は大きく変わっております(笑)
今は、当時は想像も出来なかった仕事をしています。
このブログに少し書いた仕事を立ち上げたほか、何と今は飲食店の経営者でもあります(笑)

人生、何が起こるか分からないし、何が幸いするかも分からないと、本当に思える毎日です(笑)


春之進は、今も糖尿病と闘っています。
今のところ、小康状態ではありますが、数ヶ月ごとに呼吸困難に陥ることがあります・・
毎回、事なきを得るのですが、苦しそうな春之進の姿を見るに、乙音の闘病中のことが重なります・・
糖尿病によるものなのか原因はハッキリしませんが、器官の炎症なのではないか?・・という獣医師の話から、抗生剤を飲ませる処置で何とかなっています。

春之進は、乙音の生前の頃と同じく、私の腕枕で眠るのが好きで、私が外出する際には、出窓から見送ろうとしてくれます(笑)


そんな我が家には、春之進の他に、同じヨーキーの兄妹が家族に加わっています。

b0087891_1453996.jpg



↑我が家に来て間もない頃。
まだ、耳が立っていない頃(笑)
そして、ヨーキーには見えない頃(爆)

b0087891_1485577.jpg


最近の画像がありませんが・・

男の子は、こんなだったり
b0087891_152735.jpg


女の子は、こんなだったり(笑)
b0087891_1543871.jpg


♂は『諭吉』、♀は『ひまり』と言います。
乙音が旅立った日の2日後に生まれた兄妹。
春之進と共に、私を癒してくれる、可愛い奴らです(笑)


・・そんなワケで、何とか暮らしております。

このブログ、続編を書いて行きたいなぁ・・とは思っていますが、ちょっと余裕がありません。。
次の更新がいつになるか分かりませんが、忘れられた頃にひょっこり、更新するかもしれません。
[PR]
by harutsuku | 2009-11-09 01:58 | e.t.c.
ご無沙汰しております・・
気が付けば、5月の初めから2ヶ月近く更新しておりませんでした・・・
皆様、お変わりありません・・か?

我が家は相変わらずです。
春之進も基本的に元気です。
基本的に・・というのは、ここ数ヶ月、ごく稀ではありますが、夕方に低血糖と思しき症状が現れることがあります。
血糖値を測っているわけではないので定かではありませんが、尿試験紙でのチェックでは陰性で、「ふら~ふら~」とした感じになります。
腰砕けになったこともありました・・
すぐに砂糖水を舐めさせ、事なきを得ました。

糖尿病になって6年余り経過しますが、それまでは夕方に血糖値が上がっていると思われることはあっても、夕方に低血糖らしい症状が出ることはありませんでした。
獣医師に相談しましたが、「ちょっと不安定になっているのかも」ということで・・
血液検査その他でいろいろ調べて頂きましたが、特に異常は見られないそうです。
ごく稀の症状なので、より注意して見ているしかありません。。
春之進は、11歳半になりましたし、只でさえいろいろ衰えが来てもおかしくない年頃ですので。


何かと仕事が忙しく・・・
仕事絡みのブログ(地域ブログ)は毎日更新しております。
個人情報が結構分かるので、ちょっとここにURLは書けませんが、ご興味をお持ちの方には是非ご覧頂きたいと思いますので、コメントを頂ければお伝えします。
乙音のブログも、毎日というのは難しいですが、ぼちぼち再開していきたいと思います。

皆様のブログへの訪問も出来ていないので、何か変わったことが無ければ良いのですが・・


そんなわけで、また宜しくお願い致します。
[PR]
by harutsuku | 2008-06-28 01:31 | e.t.c.
【長続きしない人】

GWですね~
我が家はどこに行く予定はありませんが・・


先月から、仕事がらみのブログを、地域ブログで書いています。
今日書いた内容、動物には関係ないのですが、ここにお越し下さる方にも読んで頂きたいなぁと思いましたので転記します。

例のごとく、長いです(汗)。

---------------------------------------------------------------------

【長続きしない人】

誰にでも、何かしらの目標・夢はあると思います。
目標や夢に向って、努力した経験は誰にもあるはずです。

でも、全ての目標や夢を叶えている人なんて、そうはいないはず。
目標が叶わないことは、「自分の努力が足りないから」「才能がないから」と、
そう自分を納得させてしまいますよね?
そして、少なからず自己嫌悪に陥ってしまいます・・


「何をやっても長続きしない人」って、いませんか?
私はそうでしたし、今でもその傾向があります。。
それも、行動して、「掌に目標や夢が載っていた」にもかかわらず・・



ある程度のところまで行ったら、急に、「嫌になった」「馬鹿馬鹿しくなった」。
そして、都合のいい「言い訳」を自分自身にしていました。
誰かに続かなかったことを指摘されると、もっともらしい理由をつけて、
「だから止めたんだ」と、自分を正当化してました。。

自分では、相手が納得すると思う理由を挙げるのですが、所詮、「言い訳」です。
見透かされています・・・


当然、多かれ少なかれ「自己嫌悪」に陥り、またも自分を「いじめて」しまいます。


目標や夢って、「それを実現したら、自分は嬉しい、得をする」というようなメリットがあるから
掲げるわけで、「よし、やろう!」と決めたときは、それなりの覚悟もあるし、
実現したときの嬉しさを頭に描いて始めるはずです。

なのに・・・

途中で、「嫌になる」「馬鹿馬鹿しくなる」


これ、自分の意思の弱さだと思っていました。


でも、意思の弱さと言う面はありますが、「それだけじゃない」と、
ある人に教えてもらいました。


自分が変わる直前に、「無意識の抵抗が出てくる」のだと。
なぜなら、人間には、危険を回避する本能があり、
「現状維持しようとする」・・のだと。


「目標を実現する、夢を叶える」というのは、言い換えれば、「自分が変わる」ことです。
「変わる」ということは、経験していない「未知の領域に足を踏み込む」ことで、
未知ということは、「先の結果が分からないので、危険!」と、
そう本能的に考えてしまうのだというのです。


この手の話を、信じる、信じないは人それぞれだと思います。
でも、私は信じました。


主な理由はこうです。

 ・「胸騒ぎ」など、人間には(説明のつかない)危険予知能力がある。
 ・過去、挫折したときのことを思い返すと、「挫折の本当の理由が分からない」。
 ・目標・夢を実現できる人間と、できない人間の差は、能力や運だけではないと思っている。
 ・目標や夢を「常にありありと描き、行動し続ける」というのは、どの成功者も言っている。

(※まだありますが、つらつら書いても読む側は辛いと思うので止めます。)


自分が変わるときには、それを妨害することがいろいろ起こってきます。
例えば、ダイエット。
ある程度までは急激に体重が落ちても、急に減らなくなる「停滞期」がありますよね?

また、病気には「好転反応」が現れることがあります。
治る直前に、「急に悪くなる」、あれです。

どちらも、医学的理由は違うのでしょうが、
「自分が変わるのを妨害し、現状を維持する」という理由は納得できないでしょうか?


もひとつの身近な例。
「マリッジ・ブルー」
あんなに結婚したかった相手なのに、結婚に憧れていたのに、
結婚式当日が近づくにつれ、「ブルー」になる・・・

自分なりの理由はあると思います。
でも、「本当にその理由なのか?」・・ということを考えた方がいいかもしれません。


過去のエントリー 「目標の視覚化」 の考え方と合わせて、
「こんなことやったって・・」と、挫折しそうになるときには、
「いや、まてよ」と思うようにしています。

「もうすぐ自分が変わる (目標や夢の実現に近い) からではないか?」・・と。


行動したにも関わらず、目標や夢を叶えられる人と挫折してしまう人との大きな差は、 
「続けられるか」だと思います。
途中で諦めてしまったら、目標や夢は絶対に叶わない。
挫折した(行動をやめた)時点で、「目標や夢を叶える資格がなくなる」のだと。
宝くじを買わない人が、どんなに当たった時のことを考えても、当たるはずはない。


そう考えると、人間の差って、思ったより大きくはないのだと思うのです。
[PR]
by harutsuku | 2008-05-03 16:14 | e.t.c.
【今年も桜のトンネルが...】

2年前に乙音を送ってくれた「桜のトンネル」が満開を迎えました。

b0087891_1285658.jpg

b0087891_1291238.jpg



・・・全然、トンネルっぽく見えないですね。。
カメラ、買い換えたんですが。。
道路の真ん中に立って撮影しようと思っていたのですが、
案外、車の通りが多く、断念してしました。
ご覧の通りの田舎道なのですが。。


なんか、早いなぁと感じます。
2年前の今日は、大学病院の予約3日前で、「早く、早く・・」と祈っていました。

あれからいろいろなことが起こり、生活は当時と一変したのですが、
2年前のことは、ありありと情景が浮かびます。


毎年、桜を見る度に思い出すのかなぁ・・なんて思います。
でも、そんなに辛くはないです。
乙音は頑張りましたから。
[PR]
by harutsuku | 2008-04-21 12:20 | e.t.c.
【桜の咲くころ】

もう桜が咲いた(散った?)地域も多いと思います。
長野県は、来週でしょうか。
今日は暖かかった(20℃)ので、かなり蕾が膨らんでいます。

2年前の今頃は、毎日大変な日々でした。
大学病院へ予約を入れた頃です。
2週間待ちで、それまで何とか状態を悪化させないようにと、
自宅で点滴したり、痙攣を防ぐためのCa注射をしていました。


昔の記事を読み返してみました。
私、記事がいちいち長いですね(苦笑) すみません。

もう一度、皆様にお伝えしたいこととして、ひとつ。

(根拠はないけれど) 何か気になる

そう感じることがあったら、是非、納得いくまで突き止めて欲しいと思います。
我が子を一番長い時間見ているのは飼い主であり、獣医師ではないです。
「気になる・・」というのは、いつもと違う「何か」を、(無意識のうちに)きっと察知しているのだと思うからです。

これ、結構当たっていると思うのです。
(でも、根拠はないです。)
本当に気のせいだという場合もあると思います。
でもそれはそれで、気になることが消えるので、突き止める意味はあります。
それより、
獣医師が気が付かない「原因が見つかるかもしれない」、という意味で、
「何か気になる」ことは、そのままにしないで欲しいと思います。
[PR]
by harutsuku | 2008-04-09 23:22 | e.t.c.
【前担当獣医師の開業】

先日、ロンブーの番組で、「乙音」という女優のことが出てから、一気にアクセス集中してビックリしました(苦笑)
それでここに来られた方は、さぞや「なんだ。。」と思ったことでしょうね。
ごめんなさい。


今日、乙音を途中から診て頂いた獣医師からハガキが届きました。
今まで通っていた病院に勤めていた方ですが、こんな顛末の末、しばらく春之進を診て頂けない状態でした。
4/1から診察開始ということなので、さっそくお祝いを持って春之進の健康診断に行くつもりです。

で、この開業お知らせハガキには、「初心を忘れず」「日々、全力で診療にあたりたい」という、獣医師の想いが書かれていました。
そして最後に、「このことばを胸に・・」と、次のように記されていました。


  「物言えぬ 君の心の苦しみは 我 獣医師の恥と知れ」


ああ、やっぱりこの人に任せたいなと思いました。
[PR]
by harutsuku | 2008-03-15 21:56 | e.t.c.
【疑問・・・】

ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非、教えて下さい。
ここ3日ほど、「愛しき乙音」で検索されてお越し頂く方が急増しています。
けれど、理由が良く分からないのです。
どこかで、「愛しき乙音」という単語が歩いているような気がするのですが・・


現在、新しく始めた仕事が忙しいため、このブログの更新が滞っています。
当面、調べないと書けないような、病気のこと・治療法のことなどの新しい記事は書けそうにありません。
何か情報を得ようということでご訪問頂いた方は、過去記事をご覧下さい。

宜しくお願い致します。


                                         haru
[PR]
by harutsuku | 2008-03-05 01:16 | e.t.c.
【思うこと】

母の愛猫、愛ちゃんの逝去について、温かいコメントを頂きましてありがとうございました。
母も私も、少し落ち着きました。
愛ちゃんと一緒に暮らしていた、まあ君(アメリカンショートヘア、♂、3歳)が、実は一番淋しいようです。
まあ君は元気がなく、つまらなさそうにしているようです。

b0087891_20362022.jpg


いつも愛ちゃんにちょっかいを出していた「まあ」でしたが、本人は遊んでいるつもりだったのだろうと思います。
でも、愛ちゃんはそれがとても嫌だったらしく、いつも部屋の隅に隠れていました。
母は、「そういう性格の猫種なんだと思っていた」と言っていたくらい、愛ちゃんは動かない子でした。
先天性の病気だったので、最初から体調が良くないから、動かない子だったのかもしれないとも思います。


愛ちゃんの病気が判ったのは、かなり病状が悪化してからでした。
母が変化に気付いてから3日程経ってから病院へ行きましたが、もっと前から気付いてあげなければいけなかったと思います。
ですが、私も気付けませんでした。。

このブログやサイトでずっと、治療で治すことをお勧めしてきた分際で、今更こんなことを書くのはどうかとは思ったのですが・・・

病名が判明し、病状が良くないときには、治療しないという選択肢はアリだと思います。
余命宣告され、延命治療や、対症療法しかできないような場合です。
特に外科的治療は、今回のように悪化してしまう危険性はあると思います。
それでも、高度な治療ができるような病院・獣医師であれば、助かることもあるかもしれません。ですが多くの場合、近くの病院・獣医師で治療して頂くしかないので、リスクの高い治療を行う場合は、選択が難しいと思います。

今回、私には、「何もしない」という選択肢はありませんでした。
病状が相当悪いのは分かっていましたが、「何もしない=見捨てる」という気がしてならなかったからです。
先日のエントリーのコメントでも頂きましたが、亡くなってしまったら、飼い主は何かしらの後悔をすると私も思います。
それでも、「何もしない」という、一見非情に思える選択肢も、それが「我が子と長く一緒に過ごせる答え」だということもあると、今回のことで痛切に感じました。

うまく表せませんが、そう思いました。
[PR]
by harutsuku | 2008-02-18 20:50 | e.t.c.



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析