~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



カテゴリ:e.t.c.( 98 )
【フィラリア検査】

この時期に必須のフィラリア検査について。

地域によっては既に予防薬の投与を始めていると思いますが、私の地域では6~11月が予防期間となっています。
通常、10日間程度の駆虫有効期間があって、腸内寄生虫(回虫、鈎虫、鞭虫)も駆除する薬を使うようです。

フィラリア予防薬を投与する前には、必ずフィラリア感染検査をすることになっています。
もし感染していた場合、「予防薬を投与することによってショック症状が出る」ということらしいです。
これは、「心臓に達し、成虫になったフィラリアを予防薬が殺してしまうため、心臓にはフィラリアの死骸が残ったままになって、血流を阻害したり腐敗することによる弊害がある」ということです。
他の副作用としては、発熱・嘔吐・食欲不振・元気がない・呼吸異常・・など。
フィラリア予防薬の服用後、数時間~半日程度経ってからこれらの症状が出た場合は、ミクロフィラリア(フィラリアの子虫)が多数存在している可能性があるようです。

ということは・・

前年に余った(・・はずはないのですが)フィラリア予防薬を、「余ってるから飲ませるか」というのはとても危険なようです。
前年の最後にフィラリア予防薬を飲ませた後、知らずに蚊に吸血されている場合や、予防薬で死ななかったミクロフィラリアがいた場合、今の時期に繁殖している可能性が無いとは言えず。(ミクロフィラリアの潜伏期間は半年と言われる)
検査しないで予防薬を飲ませることは、危険な場合があるということらしいです。


間違い易いのは、「感染」の状態です。

フィラリア症の犬の血液中には、ミクロフィラリア(または第三期幼虫)というフィラリアの子虫が存在しています。
フィラリア症の犬の血液を吸った蚊は、このミクロフィラリアを持っており、他の犬の血を吸う時にミクロフィラリアをその犬に移してしまいます。
この状態では、「フィラリア症になったとは言わない」ようです。

ご存知の方も多いと思いますが、「予防」というと、「ミクロフィラリアが移されることを防ぐ」という感じを受けますが、実際は違います。
予防薬とは言っても、ミクロフィラリアが移されるのを予防するわけではなく、「心臓に達する前に駆虫する」あるいは「産卵する前に駆虫する」・・ための薬です。
蚊に吸血されるのを完全に防ぐことは不可能なので。

フィラリア症でなくても、ミクロフィラリアが体内にいることは有り得ます。
なので、フィラリア予防薬を(予防期間が切れないように)確かに飲んでいないと、フィラリア症になってしまう可能性はとても高いようです。

「フィラリアが成虫になり、心臓に達している」状態を、「フィラリア症」と言うようです。


「フィラリアの検査」は二種類あるようです。

・ミクロフィラリア検査 ⇒顕微鏡などにより、ミクロフィラリアの存在を目視確認
・抗原検査 ⇒検査キットにより、フィラリアの成虫が出す成分(抗原)を化学的に反応させる

通常、病院で行われる検査は抗原検査だと思われます。
抗原検査で陽性の場合、血中にどれだけのミクロフィラリアが存在するかを確認するために、ミクロフィラリア検査が行われるようです。

また、時間帯によって、「血中のミクロフィラリア出現数が異なる」という話もあります。
「夜(22~24時)が多く、朝方~午前中は少ない」・・そうです。
となると、ミクロフィラリア検査は夕方~夜間の方が正確ということになります。
(※ミクロフィラリア検査は、「目視検査」であるため、大量のミクロフィラリアが存在しないと確認できない可能性がある)


フィラリアは恐い病気なので、予防薬を忘れずに飲ませ、確かに飲んだことを確認することはとても大事ですね。
[PR]
by harutsuku | 2007-05-19 16:07 | e.t.c.
【腰痛・・】

最近、サイトをご紹介頂いた方からのリンクで、こちらにお越し頂く新規の方が増えています。
ありがとうございます。
今の記事の内容だと、タイトル(原因不明で亡くなった愛犬のことを書いているブログ)とのギャップがあるので、まずは ブログの概要 をご覧頂ければと思います。
サイトを開設したことで、病気関連のことはサイトに移行し、このブログの内容が少し日記調になっていますので(笑)


で、本日のタイトルの腰痛について。
昨夜から前触れがあり、「ヤバイかな・・・」と思っていたのですが、案の定、今朝起きたら腰が痛くなっていました。。
なんて言うんでしょう、腰が壊れている感じ?

もともと持病として持っているもので、2~3日経てば痛みは取れるので、しばしの辛抱・・
「医者に行けば?」とお思いの方もいらっしゃると思うのですが、行っても痛み止めの薬を貰って帰されるだけなので。
一応、「脊椎分離すべり症」・・という診断がされています。
手術を勧められたこともあるのですが、背骨にボルトを埋め込むというような手術で、却って悪化するケースが少なくないとのことと、長い期間の入院が必要になるとのことで、医師も強くは勧めません。
まあ、時期をみて考えないとこの先が困るかなとは思っています。

この腰痛は、25歳の時からでした。
ある日、友人と酒を飲み明かし、友人宅に泊まって、朝起きたときに急に腰に激痛が走り、起き上がることができませんでした。
友人に医者に連れて行ってもらい、とりあえずは歩けるようになりました。
1日寝ていたら痛みが取れたので、大したことないだろうと思っていたら、それ以来、1ヶ月間隔で同じ目に遭い・・

当時はまだ若かったので良く動き、早起き野球とサンデー野球(日曜日のみ)、平日の仕事後には実業団のテニスクラブ・・という、運動不足とは無縁の生活でした。


「良い」という噂の整骨院・整形外科・鍼灸院、「何か憑いているんじゃない?」と恐いことを言う知人の勧めで、「霊媒師」・・など、行けるところへは行ってみました。
ヘルニアという医者もいれば、ギックリ腰という医者、骨がずれているという整体師。
安易に打たれたブロック注射(背骨に打つ痛み止めの注射)で、血圧が一気に下がり、顔面蒼白、吐き気を催し、医師も慌てた事件?もありました。

霊媒師に至っては、「10代前の先祖がどうのこうの・・」「紙にこれ(お経?)を書いて毎晩燃やせ」 ・・・わけわからん。。

極めつけは、痛みをおしてわざわざ行った、とっても評判の良い、県外の整形外科。

   医師: 「歩けなくなるまでほっとけ」
     私 「・・・」

「おぃ、それでいいのか?」と思わず言ってしまいました。
その医師、聞こえているのに聞こえないフリして、「はい、次っ!」ですって。。
2時間掛けて来て、2時間待たされて、診察はものの1分。。
どこが評判なのか分からず・・
鎮痛剤を飲んで100km以上も車を運転し、自宅についた時には、余計に悪化していました。。

亡くなった父の誤診の恨みもあり、「医者は信用できん!!」と今だに思っている訳です。
そんな私なのに、乙音のことで獣医師を信用し過ぎていたことは、まったく不可解なことなのですが・・

医師も獣医師もいろいろな方がいますので、
「見極める目が患者に必要なのは仕方ない」 ・・?
ん・・・それじゃ、ほんとは困るんですけどね。。
[PR]
by harutsuku | 2007-05-18 23:33 | e.t.c.
【最近思う「ツキ」について】

「ツキ」について、最近感じることをもう少し書きたいと思います。
面白くないので、スルーして下さって構いませんので(笑)



以前は、ツキがなかったということで片付けてしまったことも、本当にそうなのかな?と、
ほんと最近よく考えるんですね。
偶然じゃなくて必然だったこともあるのかな・・って。
確かに、何の非も無くて不運の死を遂げる場合など、本当にツキがなかったということもあると思います。
運命としか言いようのない不運ですね。
なので全てが必然だとは思わないですが、「ツキが無かった」という中には、避けられた不運もあるんじゃないかなと。


「人生は選択の積み重ね」・・とは、誰かが言った言葉ですが、右に行くか左に行くかで、結果が全く違うことは良くあることだと思います。
人の人生で言えば、進学の選択、就職の選択、結婚の選択・・などなど。
頭で考えた行動は、必ず何らかの選択をした結果だと思います。

選択を間違えたことで起こる不運はあると思います。
もちろん、良いと思われる選択をするはずですが、その時の選択肢の中に「正解がない」ということもあるような・・。
そんな時、「ツキがなかった・・」と思うのかも。
本人は、その時の選択肢の中から最善の選択をしたのですから。

選択肢が多ければ、最善の選択ができる可能性は高くなると思います。
例えば、病院の情報をたくさん知っていれば、ケースによって一番良い病院を選ぶことができる・・とか。
例えば、いろんな症例を知っていれば、その先のことまで予想して治療の選択ができる・・とか。

反面、選択肢が多いと、どれが良いのか迷うことも多くなりますが、その時に必要なのが選ぶための「知識」だと思うのです。
それと、「気になること=勘」・・ですかね。


皆様のお近くにもいると思われる「勘の良い人」っていうのは、たとえ理屈は分からなくとも、最善の選択をすることができる人だと思うんです。
何故そうなのかは私には分かりません。
「霊感が鋭い」とか「潜在意識が教える」とか、いろいろ理由付けされることもありますね。
「理由は分からないけれど、何か気になる・・」ということに、実は正解があったりすることは多いんじゃないかなと思います。
けれど理由付けできないと、「気のせい」で流してしまいがち。


「選択肢を多くする努力」、「(選択肢の中から最善の選択をするために)知識を得ること」、そして「気になること(勘)をあっさり流さない」・・ということは、動物の病気に拘らず、不運を意識的に避けるための方法かな・・なんて、最近考えたりしています。(笑)
今、選択をしなければならないことがあるから・・かな(笑)
[PR]
by harutsuku | 2007-05-16 12:47 | e.t.c.
【雑記】


日記風に(笑)。

今日は寒く感じる日でした。
おとといが最高気温30℃を越え、7月下旬の気温で暑かったせいか、昨日・今日の20℃ちょっとの気温が寒く感じました。

私の住んでいる地域は、真冬と真夏の温度差が激しい所です。
冬は最低気温-10℃以下(-15℃という時もあり)、夏は最高気温+35℃という時もあります。
その差、45℃~50℃です・・(苦笑)
ずっと住んでいる地域なので、慣れてはいますが、この数日のように温度差が激しいと体調を崩してしまいそうです・・
皆様お住まいの地域は如何ですか?


今朝、TVで狂犬病の予防の義務と鑑札の義務のことをどこかの番組で放映していました。
愛知県での、グレート・デン放し飼い事件に絡んで。
この事件、愛犬家である私が聞いても「恐ろしい・・」と思います。
乙音や春之進のような小型犬がチョロチョロしているのは微笑ましい(犬嫌いな方にはうっとおしいでしょう・・か)ですが、グレート・デンのような大型犬は、確かに恐怖を感じます。
一部の飼い主のモラルの欠如によって、嫌犬家の方々から、これ幸いに犬全般について批難されるのは悲しいことです。

この番組では、狂犬病のことと、登録されている犬が推測される全数の半分しかいないこと、鑑札と狂犬病予防注射済証をつけていない犬が多い・・ということに触れていました。
我が家にも鑑札と注射済証(乙音のみ)はありますが、確かに付けてはいませんでした。
子供の頃、近所で飼われていた犬の首輪についていたのは、良く見掛けましたが、確かに今それを付けている犬は見掛けません。
「決まりごと」・・といえばそうなんですが、いかんせん、鑑札は大きくて何しろ格好が良くない・・
もう少し何とかならないでしょう・・・かね。

b0087891_21555449.jpg
b0087891_215629.jpg

〔上の画像は、神奈川県三浦市HPより拝借〕


・・なんて思っていたら、こんな記事を見つけました。

   犬の鑑札の自由化について(地球生物会議ALIVE blog)



・・ああ、そうなんですね。
去年の秋に意見募集しているってことは、まだ施行されていないのかな? 
聞いたことないし。
「市町村ごとに独自デザインで作れる」ってことですが、きっと我が家は期待できないな・・
何せ、地元の役所のやることは何ごともセンスがないので。。
一昔前の車のナンバープレートのように、人気の差が出るんでしょうね。

春之進は逃げ出すことは有り得ないので、今度は散歩の時にリードにつけておこうかな・・なんて思いました。


この鑑札、乙音が亡くなった後、役所に死亡届けを出す際に一緒に返したのですが、
何かとても悲しかった思いがあります・・
一度も付けてなかったんですけど、乙音の生きている証のひとつでもあったからですね。。


明日も気温は平年並みということですが、皆様、体調を崩されませんように。
[PR]
by harutsuku | 2007-05-11 22:07 | e.t.c.
【無題】

このブログ、ほったらかし状態なのが最近気になってます。。
サイトの方を早く終えないと、どうも区切りがつかなくて。
ブログって、更新しないと一気にアクセスが減るものですが、思ったより毎日多くの方が来て下さっています。
ありがとうございます!


これから寝ますが、ちょっと軽目に更新しておきます(笑)


まず、ブログランキングは止めることにしました。
元々、ランキングには違和感があったのですが、出来るだけ多くの方に来て頂く手段としては、充分有効だったと思います。
最初の頃参加していたランキングでは1位だったこともありました。
また、最近まで参加していた大手ランキングサイトでは、最高49位でした。
闘病記の終焉頃には、一日に250人を越える方が来て下さいました。
クリック1つで、皆様に支えられ応援して頂いていることが実感でき、本当に嬉しかったです。

今までクリックで応援して頂いた方、どうもありがとうございました。



乙音の命日に供えた、REON&うららママさんから頂いた花のアレンジと、
我が家で用意した花ですが、陽気が良かったにも関わらず、とても長持ちしています。
そろそろダメになってきていますが、2週間枯れずにいました。
それまで供えていた花は、1週間ももたなかったので、これはこれは・・と思いました。
もっとも、REON&うららママさんから頂いた花は、とても良質の花でしたが、
それにしても長持ちするなぁ・・と思います。

毎朝、乙音に供えた水を替えるときに、その水を花に補充していたのですが、
「乙音効果?!」・・と思えるほど、花が長持ちしています。

乙音も嬉しかったのかなぁ・・なんて、そんなことを感じました。


サイトの方が一段落ついたら、皆様にご報告したいことがあります。
我が家の現在の様子についてです。

では、そろそろ寝ます(笑)
また、不定期で更新していきますので、今後とも乙音のブログも宜しくお願い致します。
[PR]
by harutsuku | 2007-05-11 02:47 | e.t.c.
【ブログ開設1年】

このブログを始めて1年経ちました。
1年前は、乙音に会いたくてどうしようもなくて、仔犬が見れるペットショップやブリーダーの犬舎を徘徊していました。
仔犬を見ている時は、思わず顔もほころんだのですが、一歩外に出ると現実の悲しみが待ち受けており、また大きなため息をついていた日々でした。
このブログを通して、私も妻も、皆様に支えられ、応援して頂き、乙音を失ったどん底の悲しみから、何とか笑えるようになりました。

ブログを始めた当時は、こんなに皆様に応援して頂けるようになるとは思っていませんでした。
本当にありがとうございました。


病気のことなど、闘病記を書き終えた後にここに書いてきたことは、
以後、サイトの方に移行します。

このブログ、終了するのも淋しいし、まだ多くの方が来て下さるので、このまま続けます。
ただ、正直、書くことがないので、気が向いたときの更新になるかと思います。
病気関連のことは、サイト記事に追記していくか、コラムに書いていきます。

このブログは今後、乙音との思い出や、春之進のこと、日々のちょっとした出来事など、
「日記」としていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

                                          haru


サイト「動物(あなた)は飼い主(わたし)が守るから・・」は、まだかなり未完成ですが、
毎日少しずつ作っていきます。
ある程度のボリュームになったら、皆様にリンクのお願いをしたいと思います。
リンクしてもよいと思って頂ける方は宜しくお願い致します。
[PR]
by harutsuku | 2007-04-30 15:05 | e.t.c.
【新サイト(仮)公開のお知らせ】

b0087891_17131282.gif

ずいぶんと遅くなってしまいました。。
何度かお越し下さった方々には、誠に申し訳ありません。。

不具合があって、直すのに時間が掛かりました。。
今も変なところが多数ありますが・・

乙音の命日である、今日公開することに私なりの意味があるので、
はなはだ未完成でお恥ずかしいのですが、公開させて頂きます。

HPのタイトルもまだ入れていませんが・・
このブログの記事も殆ど転載してませんし、リンクできていないページが殆どです。。
リンク先もおかしなところがあります。。
文字が小さい・・とか、見難い部分は修正していきますので。

「雰囲気」だけ、ご覧頂ければ幸いです。
完成までには、2~3週間は掛かると思いますので・・

では、下記が新しいサイトになります。
宜しくお願い致します。

  「動物(あなた)は飼い主(わたし)が守るから・・」 



ボンレスハム工房」のボンさんに、イラストを描いて頂きました。
ボンさん、ありがとうございました。



乙音の命日の記事は、後ほどアップします。
[PR]
by harutsuku | 2007-04-25 17:13 | e.t.c.
【新サイトの製作状況】

b0087891_0211887.gif

皆様こんばんは。
ヘロヘロのharuです・・

4/25公開予定の、新サイト製作状況ですが・・

   ・・全然間に合いません。。  あはは。。

工事中のページや、リンクできないページが多くなってしまいそうですが・・ごめんなさい。。
楽しみにされている方も多いようですので、公開時にガッカリされないように告知しました。
全てのコンテンツを、描いた完成予想図に仕上げるには、とーぶん掛かると思います。。
作りながら、夢は広がる一方で(苦笑)
どんどん、ボリュームが増えてってます・・

ですが、まずは予定通りに、4/25 13:30頃に公開します。
未完成でも、私がどんな感じのサイトを作りたいのか、お分かり頂けるとは思います。
ご覧頂いて、今後、情報提供・原稿提供などのご協力を頂ける方は宜しくお願い致します。


この2~3日の間、このブログをリンクして頂いている方のブログやHPへお邪魔し、画面をキャプチャ(表示された画面をコピーすること)させて頂きました。
記事も読まず、コメントもせず、すみません。
その画像を使って、皆様のブログ・HPへのリンクページを作りました。
お一人ずつ、ブログやHPのご紹介コメントを添える予定でいるのですが、公開時には書けていないかもしれません。
情報共有ができるように掲示板を設け、私へ直接メールを頂けるようにもしたいと思います。

・・そんなわけで、もう少々お待ち下さい。

人気blogランキング
[PR]
by harutsuku | 2007-04-23 00:48 | e.t.c.
【狂犬病予防注射の猶予】


この時期、多くの飼い主の方が悩まれる「狂犬病予防注射」について。

以前も書きましたが、糖尿病を患っている我が家の春之進は、この4年間、狂犬病の予防注射を免除されています。
今年も、先日獣医師と相談し、免除されることになりました。

b0087891_11494783.jpg


今年は聞いてみました。
「狂犬病の予防注射って、必要です・・か?」・・・と。(苦笑)
先生、一瞬困ったような顔をされましたが、本音を話して下さいました。

「獣医師の立場からは、『受けなくてはいけません』と言うしかないですが、個人的には・・『?』(大きく首を傾げて)です。」・・・と。

他の先生も近くにいらっしゃったので、小声でしたが。


狂犬病予防接種は、正当な理由が無く受けないと罰せられるようですが、果たして、実情に合っているのかは、多くの飼い主の方が疑問に思われているところです。
予防接種は、免疫を作るためのものであるが故に、「予防する病気の病原を体に入れる」・・ということは皆さんご存知の通りです。
免疫が出来るのに必要な量?がどのくらいかは知りませんが、健康な体に病原を打つ訳ですから、体調その他の要因によっては、(理屈として)感染する可能性が0ではないはず。
ワクチンにも同じことが言えると思います。

今年はひとつ、狂犬病予防注射(またはワクチン)を受ける際に、
「必要ですか?」・・・と、掛かり付けの獣医師に問うてみるのは如何でしょう?
但し、YES・・と言うのが獣医師の責務です。
それを踏まえて、「必要である理由を聞く」ことで、

  ・その獣医師と本音で話し合いができるのか
  ・いざという時に「適切な治療が選べるか」

・・・ということも見えてくるような気がします。
そんなことを聞いて、「嫌な顔をする」「とたんに不機嫌になる」「まともな返事をしてくれない」・・など、誠意のある対応をしてくれないようでしたら、いざと言う時にちょっと心配だなぁ・・と、私は思うものですから・・。


人気blogランキング
[PR]
by harutsuku | 2007-04-21 11:38 | e.t.c.
【桜のトンネル】

ずいぶんとご無沙汰です・・
仕事がやっと今朝終わり、ホッと一息ついたところです。

桜のトンネルですが、昨日カメラに収めました。
まだ八部咲きというところですが、今日は雨降りの予報なので、明日はどうなっているか分からないため、昨日の夕方に撮りました。
実際の見た目は、もう少しボリュームを感じるのですが・・
車道に出て他の車に迷惑がられながらの撮影でした(笑)






b0087891_9221358.jpg


およそ100mに渡る桜並木です。
この手前にも桜が並んでいます。

b0087891_92373.jpg


画像でもお分かり頂けるかと思いますが、車道に掛かる枝先を剪定されちゃってます。。
よくトラックが通るので、引っ掛かるからでしょう・・
去年はもっと枝垂れていて、道に覆い被さる感(トンネル感)がありました。
2枚目の奥の方の桜の枝が車道を被っていますが、それがずっと続いていました。
桜のトンネルでした。。
今年はちょっと貧相というか、不自然・・・残念。。

乙音の棺に入れた桜は、1枚目奥の方にある桜の木から頂いたものでした。


予定外の仕事のお陰で、サイト製作がパッタリ止まったままで、公開日には、思っていたような内容になりそーもありません。。
ご協力のお申し出を頂いた方の中で、既に原稿を頂いた方もいらっしゃいます。
それらは、間違いなく掲載して公開しますので。
・・・頑張ります。
ちょっとボリューム不足になりそうですが、公開後もボチボチ追加していきます。

・・・というわけで、またこのブログの更新が滞るかと思いますが、
4/25、乙音の一周忌の新サイト公開をお待ち頂ければと思います。


・・いけね。。
まだサイトの名前、考えてない・・(号泣)


人気blogランキング
[PR]
by harutsuku | 2007-04-16 09:42 | e.t.c.



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析