~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
【獣医師の情報】

昨日の記事のように、皆様ご存知の獣医師の情報を募集します。(全国)
「良いと思う動物病院」より、「良いと思う獣医師」の情報が集まるといいなと思います。
何故、「動物病院より獣医師なのか?」ですが・・

動物病院という括りにしてしまうと、獣医師が複数名いる場合、「担当される獣医師によって、善し悪しがある」と思うからです。


サイト「あなた(動物)はわたし(飼い主)が守るから・・」の、「飼い主からみた良い獣医師の条件」にも書きましたが、我が子を助けてくれるのは、「技術よりも心のある獣医師」だと思うからです。

もちろん、技術が伴っていればそれに越したことはありません。
けれど、経験が浅くたって、「この子を助けたい!」と心から思って頂けるような獣医師であれば、「手に負えなければ、(無駄に時間を掛けずに)手を離す」ことができると思います。
分からないまま、対症療法を長く続け、「手遅れにしてしまう」ことは少ないのではないかと・・
「どうしたら、この子を助けてあげられるのか?」・・ということを考えて、即、行動できるかどうかは、むしろ「己の技量を知っている」ような獣医師の方が優れているような気がします。

動物診療は、分からないことが多いことも加わって、「勉強と経験」が必要な分野だと思います。
とすれば、経験の長い獣医師の方が「良い」と思いがちです。
でも、そうとは言えないということを、私自ら経験してきました。

人間でも動物でも植物でも、「命あるものの命を助ける仕事」に携わる人間は、その本人が直接治せなくたって、最終的に「命を助ける」ことができるのなら、使命をまっとうしたのだと思います。
下手なプライドや知ったかぶりや、まして金儲けのことを一番に考えるなんて、間違っていると思うのです。


どんなことでも同じだと思うのですが、「心があるかどうか」が、ヒトの善し悪しを決めると言ってもいいんじゃないかと・・
どんなに頭が良くても、どんなに技術や知識を持っていても、どんなに人当たりが良くても、「心」がないと、その周りには不幸が起きやすいと思います。
当の本人だけに降りかかる災いなら自業自得ですが、「周りが被害をこうむる」ことが多いような気がします。

脱線してしまいましたが・・
「良い獣医師を探す」ことは、私たち飼い主しかできないことで、私たちが我が子にしてあげられることの中でも、重要なことのひとつですので、情報の共有ができればいいなと常々思っています。


【追記】

獣医師の情報は、このブログ及びサイトにまとめたいと思っています。
私も掛かり付けの担当医をご紹介したいのですが、今の段階ではいろいろと不都合があるので書けませんが、何れご紹介したいと思います。
同様に不都合のある方もいらっしゃると思います。
匿名での掲載を基本とします。(ハンドルネームを明かせる方はこの限りではありません。)
情報をお寄せ頂ける方は、このブログの非公開コメントまたはサイトからメールをお願いします。
[PR]
by harutsuku | 2007-06-26 19:41 | e.t.c.
【名古屋の高度医療動物病院】

ここにお越し頂いた「chamahimeさん」から教えて頂いた病院について。
この情報は、サイト開設後、5/15に教えて頂いていましたので、1ヶ月以上も掲載しておりませんでした。
chamahimeさん、誠に申し訳ありませんでした。

以下、chamahimeさんからのメールを転載します。
--------------------------------------------------------------------
動物看護士さんからの紹介病院を報告します。

麻布大学動物医療センターで整形外科・脳神経外科の専門医として従事していた獣医師です。
股関節形成不全・膝蓋骨脱臼など、手術の腕は日本一。・・(紹介者・動物看護士の感想)
日々、骨格の遺伝疾患に悩むワンコと飼い主さん達を前にし、「ストップ!乱繁殖!!」を訴え、ついに仲間の先生方とNPO法人を立ち上げました。
骨格の遺伝疾患の子を登録し、繁殖ラインから外して行こう!というのが目的です。

その先生がこの春に名古屋で開業しました。
何かの参考になればと思います。

   名古屋動物整形外科病院

--------------------------------------------------------------------

病院長は、現在も週2日、麻布大学付属動物病院(神奈川県相模原市)で、診察と手術を担当されていらっしゃるようです。 ※毎週かどうかは要確認です。
  麻布大学付属大学病院--小動物診療担当医
※関東地方の方も、名古屋まで行かなくても済みますね。

文中のNPO法人は、日本動物遺伝病ネットワーク です。

無謀な繁殖によって、病気などを「背負わされてしまった」動物達は、年々増えているといいます。
専門的知識を持った獣医師が、このような状況に立ち向かって頂けることは、不幸な目に遭う動物を減らすことにきっと繋がるだろうし、私達動物を愛する飼い主にとっても、とても喜ばしいことです。
動物のことを助けたいと、心から思っていなければ、多忙であるにもかかわらず、このような非営利活動などできるものではないと思います。

この病院のHPには、「飼い主様の権利」「飼い主様へのお願い」というページがあります。
私は、読んで感動しました。
私たち飼い主が、「あきらめて」いたことを、「権利はあるんだよ」と明言されているし、
「動物を救ってあげたい!」という「気持ち」が感じられたからです。  ⇒こちら


この病院の病院長である、「陰山 敏昭・獣医師」ですが・・
私がこのブログを始めるきっかけになったHP、「タンゴの闘病記」のタンゴくんの主治医だったのではないかと思います。
もしお時間がある方は、この タンゴの闘病記 を最初からお読み頂ければと思います。
この先生の素晴らしいお人柄が窺えます。

お時間の無い方は、ここ の「12月2日 K先生からの手紙」を是非読んでみて下さい。
(文末に、先生からの手紙へのリンクがあります)

全ての獣医師が、このような「思い」をお持ちであれば、人為的に不幸になってしまうような動物は激減することと思います。

そう願いたいものです・・

 
[PR]
by harutsuku | 2007-06-25 23:40 | 大学病院/お薦め病院
【雷と乙音】
ここ数ヶ月、ずっと安定したアクセス数だったのですが、先週の金曜日からアクセスが3割以上増えています。(今日は落ち着いていますが)
リンクして頂いたり、記事などでご紹介頂いた方がおられましたら、一言お礼をさせて頂きたいと思いますので、宜しければコメントをお願いします。
----------------------------------------------------------------

乙音のブログでありながら、乙音が長い間登場せず・・
手持ちの画像は全て掲載したのですが、また使いまわしていこうかと(笑)

梅雨に入り、大して雨も降らないですが、これから降雨量が増えるようですね。
ダムの貯水量が危機的状況という報道も耳にしますが、私の住んでいる地域では、渇水などという言葉は死語に等しいものです。
それでも近くに「雨乞いの山」なるものがあることを今日知りました。
昔は雨が降らなかったこともあったようです。


雨と言えば雷。
乙音の「三大嫌いごと」のひとつです。
因みに、三大嫌いごととは、①お留守番②子供のキンキン声、そして③雷です。

割と雷の多い地域なので、梅雨時には結構雷がゴロゴロしていました。
その度、春之進は珍しくワンワン吠え、負けじと乙音も小さい体を精一杯使って「ウーーー、ワン!」・・と吠えておりました(苦笑)
そして、忙しなく家中を駆け回っていましたっけ・・
本人、きっと警備しているつもりだったのだと思います。
雷の他にも、何か大きな音がする度に、どんなに爆睡していてもパトロールに出掛けていました。

b0087891_21173166.jpg


パトロールを終え、私達の前に座ってこんな顔して、「異常なしです!」と、報告してくれましたっけ。
左手(乙音の利き手(脚))で敬礼でもしそうな感じです(笑)

虹の橋は、きっと雷などない世界でしょうから、パトロールすることもないかもしれないなぁ・・なんて思いました。
雷の音がする度に、そんな乙音の姿が愛しく思い出されます・・
[PR]
by harutsuku | 2007-06-19 21:21 | e.t.c.
【動脈硬化指数・・】

初めてお越し頂いた方、検索してお越し頂いた方は、「ブログの概要」へお進み下さい。


久方ぶりの更新ですみません。。
昨日、かねてより療養中だった祖母が亡くなりました。
大正元年生まれでしたが、最期までボケることなく、とてもしっかりした祖母でした。
また数日更新できないと思いますが、ご了承下さい。


さて、春之進の肛門嚢炎は、すっかり良くなりました。
再発する可能性が高いようなので、毎日チェックしています。
あまりに私がお尻を触るので、春之進もちょっと困惑気味(笑)
これからは”肛門フェチ”になりそうな危険な香りがします(笑)

そして私。
先日の人間ドックの結果、「コレステロール値が高い」とか「左心室の波形が不自然」とか言われたのですが、あまり気にしていませんでした。
今日、病院に勤めている弟に、「結果を見たけど、ヤバイよ」・・と。
オイオイ、弟よ、脅すな・・
看護師の義妹も、「危険だね」  ・・なんと。。


今すぐヤバイってことはないけれど、動脈硬化指数が高いそうで・・
3.0以下が正常値に対し、3.5ほどあるようです。(正式な結果表はまだ届かない・・)
要注意ってことで。。

ここ数年、運動不足だし、食事は不規則だし、甘い物も好きだし、喫煙するし・・
んー、注意せねばなりませぬな・・と、思いました。

父の亡くなった年齢(47歳)に近付くにつれ、死が身近なことに感じられるようになり、いろいろ想うことも多いわけですが、まずは健康に気遣うことが必要だと思います。
今まで怪我も大病もせず、入院すらしたことのない私ですが、無念のまま亡くなっていった父や叔父や友人や乙音のためにも、長生きしたいなぁ・・と思うこの頃です。
[PR]
by harutsuku | 2007-06-15 00:40 | e.t.c.
【(血液検査における)臓器別パネル】

初めてお越し頂いた方、検索してお越し頂いた方は、「ブログの概要」へお進み下さい。


昨日の記事に書いた「臓器別パネル」についてです。
(※参考:小動物臨床検査

臓器別に、血液検査の生化学検査項目リストに従って診断することを「パネル別評価法」というらしいですが、検索しても出てきません。。
なお、本には「一次パネル、二次パネル」と分けてありますが、まず一次パネルの項目を検査します。(スクリーニング:選別)
ここで異常値があった場合、二次パネル項目の検査をするようです。

病院で血液検査をして、どの項目を測ったのかを把握できていれば、下記に照らし合わせてみると、獣医師がどの臓器・病気に疑いを持っているかが、およそ分かると思います。

---------------------------------------------------------------------

【腎疾患パネル】
 〔一次〕 BUN(血中尿素窒素)、Cre(血清クレアチニン)、尿比重(USG)
 〔二次〕 P(血清無機リン)、Ca(血清カルシウム)、K(血清カリウム)、Cl(血清クロール)

【肝疾患パネル】
 〔一次〕 ALT(GPT:アラニンアミノトランスファラーゼ)、
      AST(GOT:アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)
      ALP(アルカリフォスファターゼ)、ALb(アルブミン)、TP(血漿総タンパク)
 〔二次〕 BUN、Cre、T-Bil(総ビリルビン)、T-cho(総コレステロール)、尿中Bil

【膵外分泌疾患パネル】
 〔一次〕 Amy(アミラーゼ)、Lip(リパーゼ)、BUN、Cre、USG、Ca、ALb
 〔二次〕 Glu(グルコース:血糖値)、ALT、ALP、T-cho、TG(トリグリセリド)

【消化器疾患パネル】

 〔一次〕 TP、ALb、Na、K、Cl

【上皮小体(副甲状腺)疾患パネル】
 〔一次〕 Ca、ALb、P、ALP
 〔二次〕 BUN、Cre、UN(尿素窒素)/Cre、尿検査

【甲状腺パネル】
 〔一次〕 T-cho 

【副腎パネル】
 〔一次〕 ALP、Na、K、BUN、Cre-Na、USG、Glu

【膵内分泌疾患パネル】
 〔一次〕 Glu、尿検査
 〔ニ次〕 ALT、ALP、Amy、BUN、Cre、TG

---------------------------------------------------------------------

※上記それぞれについて、さらに詳しく書いてあるのですが、今回は割愛します。
[PR]
by harutsuku | 2007-06-06 21:11 | 検査・治療の知識
【血液検査の項目と検査機器】

春之進のその後ですが、今のところ、化膿の状態も治まり、快方に向かっています。
ただ、再発する可能性が高いので、抗生剤をしばらく飲み続け、ちょくちょく患部のチェックをしないといけません。。
パンクする直前は相当苦しがっていたので、再発は何としても防いであげたいです。
皆様もお気を付け下さいませ・・



血液検査の基礎的な知識についてです。

血液検査は、大きく下記の2種類に分かれます。

  ①完全血球計数(計算):CBC(一般検査)
  ②生化学検査

①は、血液成分(赤血球・白血球・血小板など)の数や量を測る検査で、血液の状態を診るための検査です。

  ・赤血球の数や血液の濃さによって、「貧血」「脱水」が分かる。
  ・白血球の数によって、感染症、炎症、中毒・・などの疑いがあるかどうかが分かる。
  ・血小板の数によって、血液の固まり具合を診ることができる。 

・・・などが分かります。

②は、血液に含まれる物質の有無や量を調べることで、主に臓器の状態を診るための検査です。(↓参考:春之進の検査結果表。クリックで拡大します)

b0087891_23153462.jpg


①②の検査はそれぞれ別の検査器で行います。

①の完全血球計数は、この ようなもの
②の生化学検査は、 この ような検査器です。  

各検査結果は、どのメーカーの検査器でも同じではなく、数値に多少の差(幅)がありますので、検査数値の判定は、「その検査器固有の判定値で見る」ことが必要のようです。

以前書きましたが、採血した血液は、血液が検査中に固まらないように抗凝固処理をします。
そして、検査器によっては、検査する前に精度合わせ(キャリブレーション)が必要で、これらが手順通りに行われていないと、正確な値が得られないことがあるようです。


獣医師の診断の指針となるように、検査結果に「疑わしい病気」がリストアップされる検査機器もあるようで、比較的経験の浅い獣医師でも的確な診断が出来るように?、動物用の検査装置も機能アップされているとか。
まあ、機械のことなので、それを信じ過ぎてもらっても困ると思うのですが・・

生化学検査の項目は、14~16項目程度の比色項目と、3~5項目程度の電解質項目があり(※検査機器により異なる)、全ての項目を検査すると検査費用が高くなってしまうため、「どの項目を検査するか?」は、以下の二通りのどちらかで行うようです。

 1)初回は全項目を測り、異常値を示した項目のみを継続して検査していく
 2)特定の臓器に異常がある場合に検査すべき項目のみを検査する
   ※「臓器別パネル」という、臓器ごとの検査項目リストがあるようです。


乙音の場合、獣医師は初回から看護師に測定項目を指示していました。
2)の方法だったようです。
この場合、検査費用は安く済みますが、「獣医師の見当違い」だった場合は、早期発見の妨げになり得るのでは?と思います。
血液検査をして「異常なし」であっても、「我が子の状態がどうもおかしい・・」という場合は、無駄になるかもしれませんが、他の項目の検査も必要なのでは?・・と思います。
[PR]
by harutsuku | 2007-06-05 23:18 | 検査・治療の知識
【春之進の予後】

肛門嚢炎になってしまった春之進の予後ですが・・・あまり良くありません。。
肛門嚢炎自体は良くなっているような気はします。
糖尿病なので、治るのに時間は掛かるとは言われているのですが・・

4日前に肛門線が化膿して破裂してしまったのですが、病院で膿を少し絞り出し、抗生剤と人間用の痔の薬(出血と腫れの改善のため)を投与していたところ、今朝までは小さくなっていました。

今晩8時頃見たところ、肛門の周囲(全周)が摘めるくらいの大きさで硬くなっていて、肛門の真下がプヨプヨした感じに腫れています。。
化膿した右側の腫れは小さくなっています。
それとは違う部分の異常ですね・・

腫れている部分を触っても痛がらないのですが、肛門線が腫れているのとは様子が違う気がします。。
肛門線は、肛門の左右にあるので、肛門の全周が硬くなっているのは・・・
前立腺の場所とも違うような・・
・・ちょっと分からないです。。

食欲もあり、痛がらず、排便もあり、血尿・血便も無し・・
少し気になるのは、水を飲む量がやや少ないのと、排尿回数も少し少ないこと。
不快感があるのか、転げまわってガウガウ言うときもあります。

糖尿病があるので、普通と違う経過を辿る可能性もあり、心配です・・
明日、朝一で病院です・・


【6/2 11時追記】

病院へ行って来ました。
化膿していなかった、「左側の肛門線の化膿」ということでした。
まだ良かったです。

前回、右側の肛門線が破裂するまでの様子を見ていなかったので分からなかったのですが、肛門周りが腫れて硬くなるのは、化膿の過程とのことでした。
ただ、抗生剤を3日間飲んでいて、何ともなかった側が化膿するのは珍しいということで。。

抗生剤をこのまま飲み続け、化膿が収まるor破裂する まで待つのが、春之進の場合は良いでしょうとなりました。
切開して膿を出す治療もあるそうですが、かなりの痛みがあるそうなので、糖尿病の春之進の場合はストレスを与えてしまうことは避けたいため、暫く抗生剤(ステロイド入り)で経過を見ることになりました。

大変お騒がせしました。。
[PR]
by harutsuku | 2007-06-02 00:56 | 春之進



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析