~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
【2年前のこと】

2年前の昨日、3/24は、乙音が初めて痙攣発作を起こした日でした。
今頃の時間(0:15)も、病院から自宅に戻っても、数時間に及ぶ痙攣を起こしていました。
私達も初めてのことで、本当に心配でしたし、どうなってしまうのか、不安な気持ちでいました。

そんな夜が、もう2年も前のことだなんて、早いなぁ・・と思う反面、まだ昨日のようにも思える、不思議な感じです。
当時のことを思い出せば、やはり胸は苦しいです。
でも今はむしろ、「乙音、よく頑張ったね!」と、乙音を褒めてあげたい気持ちになります。

悲しいこと・苦しいことは、「時間が解決する」とは言いますが、それにはちょっと違和感を感じます。
確かに時間が過ぎたから、気持ちが落ち着いている面はありますが、時間の経過、それだけじゃないかなと。
辛く悲しい暗闇から逃れられたのは、「現実を受け入れられた」ことが一番ではないかなと思います。
単に時間が過ぎれば、誰でも、どんなことでも気持ちが癒されるのでは無いと思います。


今は私も新しい仕事を始めており、2年前の乙音の発病が無ければ、私もきっとまた違った人生だったと思います。
少なくとも、今の仕事をしていることは絶対になかったと断言できます。
そして、自分をとても好きになることができました。

今は毎日、新たな出会いが多く、楽しいこと、苦しいこと、毎日いろいろありますが、充実した日々を送っています。
乙音の頑張りを目の当たりにしたことから、私の人生の全てが変わったと言ってもいいくらいです。


「人間万事塞翁が馬」ということわざがあります。
---------------------------------------------------------------------
人間の禍福は変転し定まりないものだというたとえ。

〔補説〕 「淮南子(人間訓)」から。昔、塞翁の馬が隣国に逃げてしまったが、名馬を連れて帰ってきた。老人の子がその馬に乗っていて落馬し足を折ったが、おかげで隣国との戦乱の際にも兵役をまぬがれて無事であったという話から。
【大辞林より引用】
---------------------------------------------------------------------

宗教っぽい言い方に聞こえてしまうかもしれませんが、人生に起こるどんな不幸も、それをどう受け止め、どう生かしていくかがとても大切なんだと思います。
不幸と思ったことが、実は幸運に繋がっていたということは、誰にでもあることだと思います。

悲しむだけ、苦しむだけ、それで終わらないこと。
自分の身に降りかかった不幸は、自分が更に成長するために与えられているのだと受けとめられれば、その不幸から逃れることが必ずできるし、経験として生かしていくことができるのだと思うのです。
そうは言っても、不幸の渦中にいる間は、なかなかそう思えないんですけどね。。


久々の更新でまた語ってしまいました。。
2年前の夜のこと、乙音が頑張ったことを思い出しながら、乙音と夢で逢えたらいいなぁ・・と願って寝ます(笑)。
[PR]
by harutsuku | 2008-03-25 00:43 | ペットロス
【前担当獣医師の開業】

先日、ロンブーの番組で、「乙音」という女優のことが出てから、一気にアクセス集中してビックリしました(苦笑)
それでここに来られた方は、さぞや「なんだ。。」と思ったことでしょうね。
ごめんなさい。


今日、乙音を途中から診て頂いた獣医師からハガキが届きました。
今まで通っていた病院に勤めていた方ですが、こんな顛末の末、しばらく春之進を診て頂けない状態でした。
4/1から診察開始ということなので、さっそくお祝いを持って春之進の健康診断に行くつもりです。

で、この開業お知らせハガキには、「初心を忘れず」「日々、全力で診療にあたりたい」という、獣医師の想いが書かれていました。
そして最後に、「このことばを胸に・・」と、次のように記されていました。


  「物言えぬ 君の心の苦しみは 我 獣医師の恥と知れ」


ああ、やっぱりこの人に任せたいなと思いました。
[PR]
by harutsuku | 2008-03-15 21:56 | e.t.c.
【疑問・・・】

ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非、教えて下さい。
ここ3日ほど、「愛しき乙音」で検索されてお越し頂く方が急増しています。
けれど、理由が良く分からないのです。
どこかで、「愛しき乙音」という単語が歩いているような気がするのですが・・


現在、新しく始めた仕事が忙しいため、このブログの更新が滞っています。
当面、調べないと書けないような、病気のこと・治療法のことなどの新しい記事は書けそうにありません。
何か情報を得ようということでご訪問頂いた方は、過去記事をご覧下さい。

宜しくお願い致します。


                                         haru
[PR]
by harutsuku | 2008-03-05 01:16 | e.t.c.



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析