~原因不明の病気と闘った愛犬の記録~



1年前のひな祭り 【発症8日目】

1年前の3/3のことです。

****************
【発症8日目】

   ・食事はドライフード(+薬半量:コロネル)ならば食べる
   ・やや多飲多尿傾向あり
   ・排便なし
   ・お腹の張りがやや目立つ
   ・嘔吐なし
   ・元気はあるが、激しい動き(走り回ったり、高い所から飛び降りたり)はしない

多飲多尿+便秘+お腹の張りがまた見られるようになりました。。
それらの症状がなかったのは前日だけでした。。

前日に排便があったことで、私達は少し安心し過ぎていました。
「またすぐに良くなるよ」・・なんて思い、症状がまた現れたことについては、さほど気にしませんでした。。

排便がないことから、夕食では薬を0.2gに戻し、ふりかけて与えました。
勝手に量を減らしたのですが、そもそもアバウトな量の指示で、「一袋(0.6g)を3~4回分に分けて与える」ということでした。



で、今どう思うかですが・・

前日、症状が消えたことで安心し過ぎたのがマズかったです。。
また症状が現れたことは、「良くなったのではなく、症状の波だった」・・と思います。
良くなっているのならば、またすぐに再現するのはおかしい。

この日は病院へ行くべきでした。
前日は症状が収まり、今日はまた現れたという「変化があったから」です。
経過観察中は、何か変化があったときは、獣医師に相談した方がいいと思います。
できれば、様子見と言われた日からの
  「症状の様子」「飲水量や排尿量、色」「食欲の有無」「元気があるかどうか」
  「体重」「その他気付いたこと」

このあたりを日々記録しておき、持参すれば、獣医師も正確な判断をする材料になると思います。

この日、病院へ連れて行けばどうだっただろう・・と想像するのですが、おそらく、当時の私では「もう少し様子見」と言われ、素直に帰って来たと思います。
知識がなかった故に、素人目にも「問題ないだろう」と思えたから。。

もし今なら、レントゲンと、気になっている腸の検査をお願いしたと思います。
(腸の検査と言っても設備としてエコーしかなかったですが、初診よりも詳しく診て頂くように。)
きっと、「そんな必要はないですよ」と言われたか、怪訝そうな顔をされたかもしれませんが、乙音は「獣医師でも予測していなかった病気」だったのですから、
根拠はなくても、飼い主が気になることがあれば言ってみる」・・ということは、実はとても大切なことで、
過去記事「飼い主の直感」にも書いたように、「当たっていることもある」のですから・・


人気blogランキング
[PR]
by harutsuku | 2007-03-03 22:02 | 発症初期のこと
<< 【発症9日目】 1年前の3/2 【発症7日目】 >>



闘病記・ペットロス・教訓   病気について・飼い主の知識・呼び掛け・告知
by haru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
         
動画:在りし日の乙音
在りし日の乙音(約4分)  
 
haruのブログ
理不尽なこと 【10/2 更新】
Page View
UL5
カテゴリ
検索
リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
骨髄増殖性疾患
from 一語で検索
総コレステロール
from コレステロール・家族性高コレ..
それでもぼくは禁煙しない
from それでもぼくは禁煙しない
ペットの病気 大切なペッ..
from ペットの病気 大切なペットを..
心臓の病気 心臓発作の仕..
from 心臓の病気 心臓発作の仕組み..
腎臓の病気と症状 腎臓は..
from 腎臓の病気と症状 腎臓はカラ..
腎臓がんの症状と診断
from 腎臓がんの症状と診断
オーダー・フード、その後。
from 佐渡のワンコ
眼の健康を大切にしたい方..
from サプリメントの知恵
病気と健康
from 病気と健康
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ボンレスハム工房へ
http://harutsuku.exblog.jp/

アクセス解析